昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 古家付き土地を買い取りしてもらうメリットと注意点について

古家付き土地を買い取りしてもらうメリットと注意点について

≪ 前へ|越智3丁目2区画分譲地 セットプランのご紹介   記事一覧   不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?|次へ ≫

古家付き土地を買い取りしてもらうメリットと注意点について

相続などにより、古家付き土地を所有することになる場合があります。
住んでいなくても維持管理にはコストがかかるため、買い取り依頼を検討している方もいることでしょう。
そこで古家付き土地を買い取りしてもらうメリットとは何か、注意点とともに確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

古家付き土地を買い取りしてもらうメリットとは?

古家付き土地とは、減価償却期間を過ぎて法的に価値のない古家が建っている土地を意味します。
長く空き家の状態であったため、経年劣化により中古住宅としての売却が難しいケースも少なくありません。
そこで古家付き土地として買い取りをしてもらうと、いくつかのメリットがあります。

古家付き土地を買い取りしてもらうメリット

古家付き土地を売却するメリットとは、建物の解体費用がかからない点です。
また建物がある状態なので、長期間売れなくても更地ほど固定資産税が高くならないのもメリットのひとつです。
ただし実際に買い取りしてもらう際は、解体や整地にかかる費用を考慮した売却額になる点に留意してください。
それでも解体にかかる手間を省けるため、遠方にある不動産の売却などにおすすめの方法です。

古家付き土地を買い取りしてもらうときの注意点とは?

古家付き土地の買い取りにおける注意点とは、次のものがあります。

空き家の放置はリスクがある

古家付き土地を空き家のまま放置していると、事故や事件に巻き込まれるリスクが高まります。
たとえば放火により近隣へ被害が及んだり、忍び込みにより家屋を犯罪に利用されたりするかもしれません。
また行政から特定空き家に指定されると、固定資産税の優遇を受けられず税金が高くなります。
そのため活用する予定のない古家付き土地は、なるべく早く処分するのがおすすめです。

契約不適合責任が発生する

古家付き土地は、建物部分の状態があまりよくないケースも少なくありません。
しかし買主が古家を気に入って住むことにした場合、建物部分についても契約不適合責任を負わなければなりません。
もし建物の現状を把握しないまま売ってしまうと、雨漏りやシロアリ被害などの不具合について修繕費の負担を求められる可能性があります。
そこで売買契約時の注意点として、建物の瑕疵について期限や免責条項を設けておきましょう。

まとめ

古家付き土地の買い取りとはどのようなものか、メリットや注意点を解説しました。
古家がある状態での買い取りとなるため、売却にあたっては建物部分の扱いにも注意しましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|越智3丁目2区画分譲地 セットプランのご紹介   記事一覧   不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る