昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?

不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?

≪ 前へ|古家付き土地を買い取りしてもらうメリットと注意点について   記事一覧   松山市堀江町 新規分譲地6区画のご案内|次へ ≫

不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?

不動産を売却するためには、さまざまな手続きがあります。
また会社員であっても確定申告する必要があるため、しっかりと準備をすすめるのが成功のポイントです。
そこで不動産売却の流れについて確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の流れと費用の詳細

不動産の売却を検討しているなら、最初の流れとして不動産会社に査定を依頼します。
会社によって査定価格は異なるため、複数社に依頼して比較するのがおすすめです。
このとき価格だけでなく販売計画や、購入希望者への対応・アフターフォローの内容についても検討するようにしましょう。

媒介契約から売却までの流れ

依頼する会社を決めたら、媒介契約を締結します。
3カ月単位での契約が一般的で、媒介契約の締結時点で費用はかかりません。
ただし期間の途中で媒介契約を解除する場合、そこまでにかかった実費などを請求されることがあります。
そして売却先が決まると、次の費用が発生します。

●仲介手数料(不動産会社へ支払う)
●印紙税(売買契約書に課税される)
●登記費用(抵当権抹消や司法書士への支払報酬)
●その他費用(解体費、廃棄物処理費、引っ越し費など)


このうち仲介手数料の上限は、次のように定められています。

●200万円以下の部分:取引額の5%以内
●200万円超400万円以下の部分:取引額の4%以内
●400万円超の部分:取引額の3%以内


なお売却価格が400万円を超える場合は、次の簡易式で算出できます。

仲介手数料 = 売買価格 × 3% + 6万円
仲介手数料は、売買契約成立したときに発生します。
手数料を支払う流れは、売買契約締結時に半額、物件引き渡し時(代金を受け取った時)に残りの半額分です。

不動産売却後における確定申告の流れ

不動産を売却し譲渡所得(売却益)が発生したら、確定申告が必要です。
給与所得で源泉徴収されている人も、確定申告しなければならないので注意してください。
期間は1月1日から12月31日までに発生した所得を、翌年2月15日から3月15日頃までに税務署へ申告してください。
そして確定申告の流れは、次の通りです。

●必要書類を準備する
●譲渡所得税額を計算し、税務署に書類を提出する


なおマイホームを売却する場合、一定の条件を満たしていれば3,000万円の特別控除や長期譲渡所得による税率の優遇を受けられます。
これらの特例を利用するためにも確定申告が必要なので、申告漏れがないように注意してください。

まとめ

不動産売却における流れや、かかる費用について紹介しました。
売却金を受け取る前に支払う費用があり、確定申告は期限が決まっているため計画的に準備を進めていきましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|古家付き土地を買い取りしてもらうメリットと注意点について   記事一覧   松山市堀江町 新規分譲地6区画のご案内|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る