昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却時に有効なインスペクションのポイントとは?

不動産売却時に有効なインスペクションのポイントとは?

≪ 前へ|不動産相続でよくあるトラブルの事例とは?対処法はある?   記事一覧   不動産売却で簡易課税を利用するメリットとは?|次へ ≫

不動産売却時に有効なインスペクションのポイントとは?

不動産を売却するとき、インスペクションを活用するケースが増えています。
これは売主・買主双方にとって、メリットの多い調査です。
そこで不動産の売却におけるインスペクションとは何か、メリット・デメリットや流れとともにご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるインスペクションとは?

不動産のインスペクションとは、建物状況調査を意味します。
住宅診断とも呼ばれ、既存住宅状況調査技術者講習を修了している建築士によっておこなわれる調査です。
建物の構造において主要な部分や雨水の侵入を防止する部分について、目視を中心に確認します。
一戸建てでは床下の調査も実施するため、シロアリによる腐食の有無なども調査可能です。

インスペクションのメリット

不動産売却をする際、インスペクションは義務付けられていません。
しかし不動産の売主は、買主に対して契約不適合責任を負います。
もし引き渡し後に物件の瑕疵が判明すると、修繕費を負担するなどの義務が発生します。
しかしインスペクションを実施し、その内容を告知していれば、買主が了承しているものについて契約不適合責任を負う必要がありません。
住宅診断によって判明する瑕疵もあるため、不動産売却においては有用な制度です。
そして検査に合格すれば、瑕疵担保保険に加入できます。
瑕疵担保保険に加入すると、売却後の建物に瑕疵が判明しても、修繕費の一部を保険金でまかなうことが可能です。
不動産売却においても保険加入済であることをアピールできるため、成約の可能性が高まるでしょう。

インスペクションのデメリット

インスペクションは目視が中心の検査なので、調査できる範囲には限界があります。
欠陥がゼロであると証明するものではないため、注意してください。

不動産売却におけるインスペクションの流れについて

不動産売却では、次のような流れでインスペクションを実施します。
まずインスペクターについては、不動産会社経由で業者を紹介してもらうのがおすすめです。
瑕疵担保保険の要件を満たす調査が望ましいため、対応する資格がある業者を紹介してもらいましょう。
そしてインスペクションは最低でも2週間程度かかるため、余裕のある日程を組むのがポイントです。

まとめ

不動産売却におけるインスペクションとは何か、実施のポイントと流れを解説しました。
売主にとっては、契約不適合責任に対処するための効果的な制度です。
瑕疵担保保険を付帯できれば物件の価値も高まるので、ぜひ利用してみてください。
基本的には相続や贈与で利用される手続きです。

まとめ

土地権利書をなくした場合でも代わりの書面があれば、不動産売却は可能です。
ただし費用や時間がかかるため、早めに準備を進めておくのがおすすめです。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続でよくあるトラブルの事例とは?対処法はある?   記事一覧   不動産売却で簡易課税を利用するメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る