昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産の相続登記にはどのような書類が必要なの?

不動産の相続登記にはどのような書類が必要なの?

≪ 前へ|不動産が売れない原因とは?早く売るための方法や注意点を解説   記事一覧   不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?|次へ ≫

不動産の相続登記にはどのような書類が必要なの?

松山市で不動産相続を予定している方は、登記に必要な書類があることをご存じですか?
慣れない作業なので、わからない部分が多いと思います。
そこでこの記事では、相続登記に必要な書類について詳しく解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の相続登記はどのような手続きなの?必要な書類は?

相続登記とは、不動産の名義変更のことです。
一般的に、不動産の所有者が亡くなると、引き継ぐ相続人の名義に変更する手続きをとります。
これにより、財産の引継ぎが完了するのです。
なお、相続登記には、

●遺産分割協議
●法定相続
●遺言書


の3つの方法があり、いずれかの手続きをします。
これは、各人の分け方や、あらかじめ遺言書に記載されている内容によって手段が変わると覚えておきましょう。
相続は、普段の生活になじみが薄い話題だと思います。
それゆえ、いざ親や親戚の財産を引き継ぐことになった際には、どのような手続きをとるのが適切なのか不安に思うかもしれませんね。
しかし、上記の手続きを怠ってしまうと、後にトラブルに発展する可能性があります。
そのため、名義変更は必ず行っておきましょう。

不動産相続に必要な書類をパターンごとに解説

先程から、不動産相続には書類が必要であることを説明してきました。
具体的に述べると、上記でご紹介した相続登記の3つのパターンごとに、必要な書類が異なるので下記で解説していきます。

遺産分割協議
必要な書類は、下記のとおりです。

●出生から死亡までの連続した戸籍謄本
●住民票の除票
●戸籍謄本、印鑑証明書、住民票(全員分)
●遺産分割協議書
●固定資産評価証明書

法定相続
必要な書類は、下記のとおりです。

●出生から死亡までの連続した戸籍謄本
●住民票の除票
●戸籍謄本、住民票(全員分)
●固定資産評価証明書

遺言書
必要な書類は、下記のとおりです。

●遺言書
●死亡時の戸籍謄本
●住民票の除票
●現在の戸籍謄本、住民票(相続人のもの)
●固定資産評価証明書


このように、パターンによって提出する証明書などが異なるので、間違えないようにしましょう。
なお、どのパターンでも死亡した人の戸籍謄本と住民票の除票は必要です。
これは、被相続人が本当に亡くなっていて、不動産を別の人に引き継がなければならないのかを確かめるために提出します。
そのため、手続き前に役所に出向いて準備しておくことをおすすめします。

まとめ

不動産の相続登記について、ご理解いただけましたか?
大切な手続きであるため、忙しいなかでも忘れずに書類を準備しておくようにしましょう。
その際は、他の相続人などと協力し合えると良いですね。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産が売れない原因とは?早く売るための方法や注意点を解説   記事一覧   不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る