昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?

不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?

≪ 前へ|不動産の相続登記にはどのような書類が必要なの?   記事一覧   不動産売却に効果的?ホームステージングのメリット・デメリットを紹介|次へ ≫

不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?

不動産取引をする際に売れにくい土地として「旗竿地」という用語をしばしば耳にすると思います。
そもそもなぜ一般的な土地と比べて売却が困難に、もしくは安価になってしまうのでしょうか。
これから実際に旗竿地の売買など、取引を検討されている方のために売れない理由やより高く売るための方法、秘訣について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却が難しい旗竿地とは?売れない理由は?

不動産売買で扱われる土地には、四角形の「整形地」と三角形や五角形などの特殊な形をしている、また敷地内に高低差があるなどの特徴を持つ「不整形地」の2種類があります。
旗竿地とは、不整形地の1つで土地の一部が道路や歩道などから細長く伸び、その延長に旗のような形をしている土地を指します。
旗竿地の場合は敷地内に家を建てる際など、その間取りにある程度の制限がかかってしまいます。
つまり、敷地形状や利便性など、その特殊性故に価値が下がってしまう傾向にあるのです。
その結果、整形地よりも売れにくい、売れても安価になってしまうなどの問題が起きます。

不動産売却が難しい旗竿地を売るための方法や秘訣

土地の価値は立地条件や周辺環境など、いくつかの条件で決まるためすべての旗竿地に売れにくい、価値が下がってしまう、と言ったネガティブな要素が含まれるわけではありません。
しかし、実際に売却をする際にはより高く売るための秘訣や方法についてあらかじめ押さえておく必要があります。
1つ目のポイントは、住居は解体せずに土地と一緒に売り出すことです。
不整形地の場合、土地の形状を理由に新たに建造物を建て直すことが不可能なケースがあります。
売却の際に住居を取り壊してしまうと再建築ができないために最悪の場合買い手が見つからない、という可能性も生じかねません。
買い手の需要を広げるためにも必ず土地と住居をセットで売りに出しましょう。
また、不整形地の取引を得意としている不動産会社を見つけることも大変重要です。
特殊な不動産の売買を得意としている業者の場合、取引の際のノウハウや起こりやすい問題、オーナーの不安について十分な理解をしているため、円滑な取引につながります。
どうしても売却が難しい、買い手が見つからない場合には隣地のオーナーと相談してみるのも1つの手段です。
他の土地と合体させることができれば、土地が広くなりニーズも増えます。
旗竿地だからと言って最初からあきらめるのではなく、より高い値段で売るためにも隣地のオーナーと交渉してみましょう。

まとめ

旗竿地などの不整形地は整形地比べると、間取りや用途にある程度の制限が発生することから、売れにくい、価値が下がるなどの問題が生じやすいのは確かです。
しかし、前述した売れない理由や売る際の方法、ポイントを留意して取引を行えば買い手のニーズが広がり売れやすくなるのでぜひ実践してみましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続登記にはどのような書類が必要なの?   記事一覧   不動産売却に効果的?ホームステージングのメリット・デメリットを紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る