昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却に効果的?ホームステージングのメリット・デメリットを紹介

不動産売却に効果的?ホームステージングのメリット・デメリットを紹介

≪ 前へ|不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?   記事一覧   不動産を確実に売却したいなら現状渡しも有効?メリット・デメリットを紹介|次へ ≫

不動産売却に効果的?ホームステージングのメリット・デメリットを紹介

近年、不動産の売却をスムーズに行う手段としてホームステージングが注目されています。
ホームステージングをうまく活用すると不動産を高く売却できますが、場合によっては物件が売れずに終わってしまうこともあります。
ホームステージングでは何をするのか、メリットやデメリットは何なのかを、しっかりおさえておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の成功率を上げるホームステージングとはどんな方法?

ホームステージングとは、売却したい物件を家具や照明で演出する方法です。
ただ物件を見てもらうのではなく、ショールームのように明るい間取りを演出することで、購入希望者に良い印象を与えられます。
ホームステージングが一般的な海外では物件の売り上げまでにかかる日数が短縮し、売り上げも上がっているのです。
近年は日本でもホームステージングが注目され、不動産業者の中でもホームステージャー資格を取得する動きがみられます。
また、不動産業者が専門会社と提携してホームステージングを行う事例もあります。
ホームステージングを不動産業者へ依頼する時は、仲介手数料の中にホームステージングの代金が含まれています。
あるいは自分でホームステージングの資格を取り、証明や家具の配置を自ら考える方法も効果的です。

不動産売却におけるホームステージングのメリット・デメリットとは?

ホームステージングを行うメリットは、売値を下げるよりも少ない費用で物件の売却率を上げられる点です。
物件が売れない場合は値段を下げて売却に繋げるのですが、1回の値下げで数十万円の損失が発生します。
一方、ホームステージングを行って値下げをせずに売却できれば、損失を大幅に抑えられます。
できるだけ費用をかけずに物件を早く売りたいとき、ホームステージングは有効な方法です。
しかし、ホームステージングは選んだプランに応じて費用が発生します。
家具のレンタル料やクリーニング料に加えて、コンサルティング料も合わせた費用を払わなくてはなりません。
ホームステージングは物件を売りたいターゲットを明確にしてから家具や照明を決めていくので、まだ自分たちが住んでいる場合は自分たちが使っている家具を出さなくてはなりません。
家具を運び出したり、戻したりする時間と費用が発生する点では、ホームステージングが負担になる可能性もあります。

まとめ

ホームステージングは、うまく活用すると物件を高く売れる方法です。
なかなか物件が売れなくて困っているときや、できるだけ早く物件を売りたいときは活用してください。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却が難しい「旗竿地」を高く売るための秘訣や方法とは?   記事一覧   不動産を確実に売却したいなら現状渡しも有効?メリット・デメリットを紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る