昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却をする前に知っておきたい!不動産売却益にかかる税金について

不動産売却をする前に知っておきたい!不動産売却益にかかる税金について

≪ 前へ|不動産売却をする時に知っておくべき収益還元法とその算出方法とは?   記事一覧   不動産売却すると配偶者控除は受けられない?不動産を売却する前に対処法を知ろう!|次へ ≫

不動産売却をする前に知っておきたい!不動産売却益にかかる税金について

大きな金額が動くこともあり、不動産を売却する際にはさまざまな費用が発生してしまいます。
また、売買におけるどの側面に関して発生するかも複雑なため、それが原因で売却を躊躇ってしまう方は少なくありません。
今回はそれらの費用のうち各種税金について説明いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却益にかかる税金の種類とは?

不動産売却益とはその名称が表す通り、土地や建物などを売り払った際に得られる利益のことで、現行法ではこの不動産売却益を得た際に「譲与所得税」を支払うことになっています。
なお、不動産売却益時に発生する税金は譲渡所得税だけに収まらず、たとえば印紙税もその一つとして挙げられます。
不動産を売り払う際にはさまざまな契約書を作る必要がありますが、それらには収入印紙を貼り付けなくてはならず、その収入印紙に対して課税されているのが印紙税です。
切手と同じように収入印紙は裏面に糊が施されており、濡らせば容易に書類へ貼り付けられます。
貼り付けた収入印紙の上に消印を行えば印紙税の支払いは完了です。
消印は書類と印紙双方にまたがるようにして押さなくてはならず、たとえば印紙の真ん中に押したり、印紙と被さらずに押してしまったりすると無効です。
収入印紙の貼り忘れや消印忘れがあると通常の3倍の税金を納めなくてはならなくなるので注意しましょう。
加え、不動産を売り払う際には所有権を購入者へ変更し、再度登記手続を行わなくてはならなく、その際に登録免許税が別途課せられます。

不動産売却益にかかる税金のなかでも額が大きい譲渡所得税の計算方法について

印紙税や登録免許税と比べ金額が高い譲渡所得税ですが、その計算方法は難しくありません。
不動産を売却した際に得た利益、つまり収入金額から、不動産を購入したときの価格や売却時にかかった解体費などを差し引いた金額を譲渡所得といい、その額によって譲渡所得税が決定します。
譲渡所得に対しどれくらいの譲渡所得税がかかるか、その率は不動産を何年所有していたかによって変動します。
たとえば売り払う不動産が購入してからまだ2年や3年しか経っていない場合、短期譲渡所得として譲渡所得の39.63%が税金として課されます。
一方で5年以上所有していた不動産の場合、長期譲渡所得となり率は20.315%です。
なお、所有期間はその不動産を売却した都市の1月1日までで計算されます。
売却が成立した日時ではないので、5年以上だと思っていたら少しばかり日数が足りなくて短期譲渡所得とみられてしまったということがないように注意が必要です。
ちなみに、住居を売り払う場合、所有期間が10年を超えていると軽減税率を受けられます。
この軽減税率は住居用財産の3,000万特別控除と合わせて使うことが可能です。

まとめ

不動産を売買する際にはいくつかの税金が課されるので、事前に譲渡所得税や印紙税などについて調べておくことが需要です。
特に譲渡所得税は収入金額ではなく譲渡所得によって額が変わるので注意しましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却をする時に知っておくべき収益還元法とその算出方法とは?   記事一覧   不動産売却すると配偶者控除は受けられない?不動産を売却する前に対処法を知ろう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る