昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産相続において生前贈与は節税対策になる?

不動産相続において生前贈与は節税対策になる?

≪ 前へ|不動産売却すると配偶者控除は受けられない?不動産を売却する前に対処法を知ろう!   記事一覧   不動産売却で損失が出る時の対処法!譲渡損失が出た時に利用できる繰り越し控除について|次へ ≫

不動産相続において生前贈与は節税対策になる?

近年の不動産相続では、生前贈与が注目されています。
生前贈与を行うとさまざまな控除が適用されますが、通常の贈与よりも高い税率がかかる場合もあります。
生前贈与の仕組みとメリット・デメリットを知り、不動産相続における節税対策を行いましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

生前贈与とは?不動産相続の生前贈与における節税対策も紹介

生前贈与とは、生きているうちに親族へ財産を贈与することです。
生前贈与ができる財産には不動産も含まれていて、不動産を生前贈与した場合は贈与税と不動産所得税、固定資産税と登録免許税が発生します。
これらの税金は、相続人が全て払わなくてはなりません。
したがって、生前贈与では少しでも税金を減らせるように、節税対策が求められるのです。
生前に不動産を贈与する時の贈与税の軽減対策としては、相続時精算課税制度が活用できます。
相続時精算課税制度は、60歳以上の両親や祖父母から20歳以上の子供や孫に不動産を贈与する時に使える制度です。
累計2,500万円までの財産贈与なら贈与税が課されません(2,500万円超の部分については一律20%が課されます)。
ただし、相続時精算課税制度を選択すると贈与税の基礎控除110万円は使えません。

不動産相続は生前贈与するべき?メリット・デメリットから対策を考える

生前贈与を行うメリットとして、時期を選んで税金などへの対策ができるという点が挙げられます。
例えば将来値上がりする見込みがある土地なら、評価額が低いうちに生前贈与することで評価額が高くなってから課税されることになったであろう相続税への節税対策となるでしょう。
また、生前贈与について検討しておくことは相続について考えることでもありますので、早めに考え始めることで後の相続トラブルが生じるリスクを減らすことにもつながります。
ほかには、生前贈与では法定相続人以外の人にも贈与ができるので、贈与したい相手が法定相続人以外の時も生前贈与が役立ちます。
一方デメリットは、通常の贈与と比較すると税率が高くなる点にあります。
生前贈与では登録免許税が2%かかり、相続税よりも高い税率で贈与税が発生します。
また、生前贈与から3年以内に贈与した人が死亡した時は相続税がかかります。
小規模宅地等の特例も適用されない分、相続税の金額も高くなってしまいますので、本当に生前贈与を利用しても問題ないかよく話し合って決めてください。

まとめ

生前贈与を行った方が良いのか、通常の贈与を選んだ方が良いのかは、贈与者と相続人の関係で変わってきます。
不動産を誰に贈与するかで使える控除も違いますので、より節税効果が大きな方法を選んで贈与を行いましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却すると配偶者控除は受けられない?不動産を売却する前に対処法を知ろう!   記事一覧   不動産売却で損失が出る時の対処法!譲渡損失が出た時に利用できる繰り越し控除について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る