昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産相続は税金対策をすれば課税対象額を減らせる!節税のポイントを解説

不動産相続は税金対策をすれば課税対象額を減らせる!節税のポイントを解説

≪ 前へ|不動産相続において生前贈与は節税対策になる?   記事一覧

不動産相続は税金対策をすれば課税対象額を減らせる!節税のポイントを解説

不動産相続では、対策をしていないと税金の出費が増えてしまいます。
相続税は控除や特例を使うと相続税の減額に役立ちます。
まずは、不動産相続で発生する税金の種類から見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続で必ず発生する税金とそうでない税金とは?

不動産相続では、登録免許税と相続税が発生します。
登録免許税は必ず発生する税金で、不動産の所有者や土地に関する情報を登録・変更する時に支払います。
登録免許税の金額は、固定資産税評価額×0.4で決まります。
固定資産税評価額は市町村ごとに決定しているので、相続した不動産がある場所によって登録免許税の価格が異なります。
相続税は遺産を相続した時に発生する税金ですが、場合によってはかからないこともあります。
相続税は基礎控除額が決められていて、3,000万円+600万円かける法定相続人の人数で割り出した金額より下であれば、相続税はかかりません。
他にも配偶者や未成年者、障碍者控除といった控除を合わせて使えますので、不動産の評価額次第では相続税ゼロも可能です。

不動産相続の節税対策では控除と特例で支払う税金を減らせる

不動産相続における節税対策では、控除や特例を使って課税対象額を減らすことが重要です。
相続税の控除や特例は沢山ありますので、どの特例が使えるかを調べていきましょう。

基礎控除と一緒に使える控除は沢山ある

相続税の基礎控除は、3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算します。
この金額よりも不動産の評価額が低ければ、相続税はかかりません。
不動産の評価額が基礎控除より高かった場合は、他の控除も合わせて計算していきます。
配偶者へ相続する時は配偶者控除、未成年の子供に対しては満20歳になるまで毎年10万円の控除が利用できます。
特に配偶者控除は、法定相続分か1億6,000万円のどちらかで数字が大きい方の控除が適用できるので、可能な限り使っていきましょう。
不動産相続では、葬儀の費用も控除として利用できます。
通夜と告別式の費用だけでなく、式場までの交通費・戒名代・死亡診断書といった項目も、控除に含まれています。

相続した不動産は自宅か事業用にすると特例が使える

相続した不動産を自宅や事業用として使うときは、小規模宅地等の特例が使えます。
特例を使うと不動産評価額を最大8割減らせますので、相続税を0にすることも可能なのです。
特例を使うには、申請書を作成しなくてはなりません。
申請書では細かな計算をする場面がありますので、不安な時は税理士に相談してみましょう。

まとめ

相続税の申告と納税は、相続開始から10か月以内に行わなくてはなりません。
期限を過ぎると無申告加算税が追加され、本来の税金よりも高い金額を支払います。
もしも期限を過ぎてしまったら、税務署の調査が入る前に申告して増税の幅を抑えましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続において生前贈与は節税対策になる?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る