昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却における按分とは?按分で土地と建物の価格を決める

不動産売却における按分とは?按分で土地と建物の価格を決める

≪ 前へ|不動産相続は税金対策をすれば課税対象額を減らせる!節税のポイントを解説   記事一覧   住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!|次へ ≫

不動産売却における按分とは?按分で土地と建物の価格を決める

通常マイホームなどの不動産売却において、売却額は総額で示されます。
総額というのはつまり、土地と建物それぞれの価格を合わせた額で、この土地と建物の両方の価格を決めることを按分と言います。
今回は不動産売却における按分の方法や注意点を紹介していきます。
不動産売却を検討されている方はぜひ参考にしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地と建物の価格を決める按分とは?不動産売却における按分の方法

戸建てやアパートなどの不動産を売却するときは、売却額として土地価格と建物価格を合わせた総額を表示します。
この総額の内訳となる土地と建物の価格を決めるのが按分です。

土地と建物の按分方法

按分方法は法律によって決まっているわけではありませんので、売主・買主の間で合意があれば自由に決めていいことになっています。
一般的なのは、不動産売却時の固定資産税評価額で按分する方法で、固定資産税評価額とは不動産の固定資産税を算出するための評価額です。
路線価を利用して固定資産税を算出しているので、土地と分けて評価できるという点が強みです。
算出には決まった計算式を使うので、不動産の売り手と買い手の双方が納得しやすい方法になっており、国税庁も推奨している不動産売却における按分方法でもあります。
また、不動産鑑定士の鑑定評価額によって按分する方法もあります。
鑑定にはそれなりの費用がかかりますが、資格を持ったプロが細部まで鑑定して評価するので、説得力のある按分方法といえるでしょう。

不動産売却の際に土地と建物の按分で注意したいポイント

土地と建物の按分において、建物の金額をいくらにするかは特に気をつけたいところです。
建物の金額には消費税や減価償却といったことが関わってくるからです。
まず消費税についてですが、土地は非課税取引になりますが、建物は課税取引です。
つまり売主にとっては土地の割合が多い方が都合がいいですが、買主にとっては建物の割合が大きければ消費税は後日控除が受けられるのでお得となります。
売主と買主で、根拠を明確にしたうえで適正な価格で按分しておくことが、トラブルのない売却に繋がります。
減価償却についても、建物の価格が適正でないと減価償却費も適正でないとみなされ、後々のトラブルにつながります。

まとめ

不動産売却において売却額の内訳となる土地と建物の価格を決定することを按分といいます。
価格決定には、固定資産税評価額や不動産鑑定士の鑑定額を使って金額を決める方法があります。
売主・買主が合意のうえで適正価格での按分を行うことが、売却してからのトラブルの発生を防ぐためにも重要となります。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続は税金対策をすれば課税対象額を減らせる!節税のポイントを解説   記事一覧   住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る