昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!

住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!

≪ 前へ|不動産売却における按分とは?按分で土地と建物の価格を決める   記事一覧   不動産売却における査定の方法や基準はどのようなものか|次へ ≫

住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!

生活の変化や転職で、住み替えや売却をお考えの方もいらっしゃるかと思います。
一般的な木造建築は、築30年以上で資産価値が0円になるとも言われており、それまでに売却や住み替えを考えた場合、ローンの返済が残り、新しくローンを組まなければいけません。
そこで今回は、住み替えの方法や売却時に損をしない、ローンを組むコツについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住み替え時に損をしないために!売却方法とローンの組み方は?

家を購入しようとした場合、大半の方が住宅ローンを組むと思います。
住宅を購入して住み替えを検討するとき、借り入れは出来るのかなどローンへの不安はつきものですよね。
ローンが残っているということは、抵当権も残っているということですので、住居を売却することが出来ません。
ローンを完済するには、売却を考えるより先に不動産会社へ査定の依頼をしましょう。
また、大体の相場を知るために複数社で見積もりをとってみるのも有効かもしれません。
査定の結果から現在の住宅ローンの残高と照らし合わせて、支払いを終えられるかどうか確認しましょう。
査定後手に入るお金や貯金をあてて住宅ローンの残りの借入金の返済手続きをし、ようやく抵当権を外すことが出来ます。
しかし、貯金を使って返済をすると新しく購入する家の頭金や、引っ越し代金までなくなる恐れがあります。
その際には、住み替えローンという担保物件の1.5~3倍の基準で借り入れができるローンを組むことができます。

損しない売却とは?住み替えのコツについてもご紹介!

不動産に対して知識がない方が、むやみに売却をしてしまうと、思わぬところで損をしてしまう可能性があります。
ここからは、住み替えのコツについてお話をしていきたいと思います。
まずお伝えしたい、住み替えのコツとは、「売り先行」という方法をとることです。
売り先行とは、住み替え先の住宅を購入する前に、これまで住んでいた物件を売却してしまう方法のこと。
その逆で、旧家を売却する前に住み替え先の住宅を購入することを「買い先行」と言います。
この買い先行は、仮住まいを用意をする必要がない点や住まい探しに期限がないことなど、メリットはあるものの、もし新しい家を購入した後に、旧家が思ったように売れない場合、二重ローンの支払いに苦しむ可能性があるのです。
「売り先行」も、もちろんデメリットはありますが、売却金額や不動産会社をじっくりと比べられるため、比較的損をせずに売却ができる方法と言えます。

まとめ

今回は、住み替えや売却時に損をしないコツについてご紹介してきました。
住み替えをお考えの方も、今後住宅を売却する事をご検討中の方も、今回ご紹介したローンの仕組や、「売り先行」をぜひ参考にしてみてください。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における按分とは?按分で土地と建物の価格を決める   記事一覧   不動産売却における査定の方法や基準はどのようなものか|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る