昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却における査定の方法や基準はどのようなものか

不動産売却における査定の方法や基準はどのようなものか

≪ 前へ|住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!   記事一覧   不動産売買の際の仲介手数料とは?金額はどのくらい?|次へ ≫

不動産売却における査定の方法や基準はどのようなものか

不動産を売却する場合、まずその不動産がいくらで売れるのかを知るために不動産査定の審査を受けます。
その方法や基準がどのようなものか知っておくと、いざというときに役に立つもつでしょう。
この記事では、不動産売却を検討する際に知っておきたい審定の依頼方法や計算方法、審査基準についてお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却査定の依頼方法と査定額の計算方法

不動産査定の依頼方法には「簡易査定」と「現地査定」の2種類があります。
「簡易査定」は売却する物件をデータ上から判断して大まかな査定額を算出する方法で、「現地査定」は実際に不動産会社の担当者が物件の現地調査をして査定額を決める方法です。
「簡易査定」のメリットは短い査定時間ですが、机上査定といわれるように近隣の価格や公示地価の情報、過去の売却価格から算出した査定額なので正確ではありません。
逆に「現地査定」は時間がかかりますが、敷地形状や敷地境界など多くのチェックポイントを設けた調査するため、より正確な価格を設定することが可能です。
また、査定額を計算する方法は「原価法」「取引事例比較法」「収益還元法」の3種類があります。
「原価法」は土地や戸建ての査定に使う方法で再度取得するとしたら、どのくらいかかるかを算出し、年数による価値の低下を引いて査定額を求めます。
「取引事例比較法」は主にマンションの査定に使う、過去の不動産売買の情報を考慮しながら対象の物件の査定額を計算する方法です。
そして「収益還元法」は投資用の収益不動産査定に用いる方法で、予想できる収益から査定額を算出します。

不動産売却の不動産査定の審査基準とは?

不動産査定の際に不動産会社がチェックする審査基準は4つあります。
1つめの審査基準は売却する不動産の立地条件で、公共機関や公共施設との距離やアクセスのしやすさ、治安の良さを含みます。
2つめの審査基準は外観や間取りなどの物件自体の条件で、具体的には収納の大きさや日当たりの良さです。
またマンションの場合、駐輪場やゴミ捨て場など共用スペースの管理状況も審査基準になります。
3つめは近隣物件の取引相場のあらゆる事例、4つめは国が定めている公示価格と路線価格です。
こうした査定基準を知っておくと、実際の不動産査定額が妥当かどうかを判断しやすいでしょう。

まとめ

不動産査定の審査の依頼方法は「簡易査定」と「現地査定」の2種類があり、おすすめは実際の売買に近い価格帯を知ることのできる「現地査定」です。
また査定額の計算方法は「原価法」「取引事例比較法」「収益還元法」の3つがあります。
そして、不動産査定の審査基準は主に立地条件などの4つで、そのなかにはデータ上では分からない近隣情報や設備・管理状況なども含まれています。
今回の記事を参考にしつつぜひ不動産の売却を進めてください。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住み替えの売却で損をしないために知っておきたいローンのコツ!   記事一覧   不動産売買の際の仲介手数料とは?金額はどのくらい?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る