昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産を買い替えるタイミングと順序についてご紹介します

不動産を買い替えるタイミングと順序についてご紹介します

≪ 前へ|不動産売買の際の仲介手数料とは?金額はどのくらい?   記事一覧   不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について|次へ ≫

不動産を買い替えるタイミングと順序についてご紹介します

家を買い替えるとき、年間を通してどの時期に、どのタイミングで進めていくのがお得なのでしょうか。
人によっては先に売ってしまってから新しい家の購入を進めたい場合もあるでしょう。
しかしそれがお得かどうかはまた別の話です。
不動産を買い替えるタイミングや時期、売買する順序はどのようにすべきかについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を買い替えるタイミングと時期について

住む家を買い替えたい場合、売却手続きと家を新たに買う手続きの両方をすすめなくてはなりません。
一般的に買い替えに良いとされているのは、新しい生活をスタートさせる人が多い2月から3月までの間と、職場での移動がある時期の、9月から11月ごろです。
それ以外の期間の売却が不可能なわけではなく、たとえば5月でも12月でも売買はできます。
自分の都合の良い時期や、しっかり時間の取れる間にすすめていくのも良いでしょう。
また、いつ買い替えるかといったタイミングよりも、その物件の築年数を重要視するほうが良いともいえます。
建ててから3年間は固定資産税が安く済むため、早すぎるタイミングでの売却は得とはいえません。
また、10年を経過した家はなかなか買い手がつかないこともあるので、10年以内を目安に売却に踏み切ると良いでしょう。

不動産を買い替えるタイミングと順序について

これら二つを同時期に進行させることは可能か。結論から申せば、両方ともさまざまな手間がかかるので、同時進行が難しい場合はあります。
そのため、どちらを優先しておこなうのかは慎重に決めるべきでしょう。
不動産の相場がどう動いているかで、先に売却をすすめるか、先に買うほうをすすめるかを決めると良いです。
購入したい不動産が新しく建築されたマンションの場合、先に買うパターンが多く、売却は仲介会社に頼むこともよくあります。
また、新居を先に購入しておけば仮住まいの用意をする必要がないので、先に売却してしまったほうがお得であることも考えられます。
さらに、売却時の内覧で家具などがない状態を見てもらえ、売却活動をスムーズになる効果も期待可能です。
ただし、家を購入してからの売却は、場合によっては二重ローンになりかねず、慎重に決めることが求められます。

まとめ

不動産を売買するには適当な時期がありますが、その時期にしばられることなく売却や購入は可能です。
ほかに住む場所を用意する手間をいとわないなら先に売却をするのも一つのやり方で、自分に合ったケースを見つけて順序を決めると良いでしょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売買の際の仲介手数料とは?金額はどのくらい?   記事一覧   不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る