昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について

不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について

≪ 前へ|不動産を買い替えるタイミングと順序についてご紹介します   記事一覧   不動産売買で市街化調整区域を扱うのは難しい?ほかの土地との違いとは?|次へ ≫

不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について

不動産を売却する際には不動産会社と媒介契約を結びます。
しかし、媒介契約の種類や注意点を知らない方もいるでしょう。
そこで、今回は媒介契約について解説します。
媒介契約には3つの種類があるので、それぞれのメリット・デメリットをぜひ知ってください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約の種類

専門的な知識が必要なため、独力で不動産購入者を探すのは難しいです。
通常、不動産の売却には3~6ヶ月かかります。
ただし、それは不動産広告のノウハウや媒体を持っているからこそ、実現できることです。
何かしらのコネクションがないなら、臆せずに不動産会社と媒介契約を結んでください。
媒介契約には「専任媒介契約」「一般媒介契約」「専属専媒介契約」の3種類があります。
まず、専任媒介契約は有効期限が3ヶ月で1社のみに依頼するタイプの契約です。
うまく進めば必ず成約できるため、不動産会社が積極的に取り組んでくれる傾向があります。
しかし、1社のみに依存するため不動産会社の担当者の力量に頼らざるを得ない、というデメリットも忘れてはいけません
そのデメリットがないのが一般媒介契約で、この契約方法では複数の不動産会社に仲介を依頼します。
一般媒介契約を結びつつも、直接購入希望者へ売却することもでき、複数のルートを持てるメリットが魅力です。
この際契約期間は3ヶ月以内という取り決めがなされます。
ただし、不動産会社の立場に立つと、売却のための活動をしても他のところで決まってしまう可能性があるため、優先順位を下げられることもあります。
ほかには、不動産の売却希望者が自分で買い手を見つけて契約することを禁止する制限付きの専属専任媒介契約があります。

不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約の注意点

それぞれの媒介契約の特徴を理解し、最適なものを選んでください。
もし、状況がよくなければ解約することも可能ですが、3ヶ月の契約期間よりも前に解約する場合、違約金が発生することもあります。
また、ほかの途中解約ペナルティがあるかもしれないため、契約書をよく確認してください。
まれに、広告費を支払わなければいけないこともあります。
不動産広告料の相場は賃料1ヶ月分です。
不利な条件で長い間空室の場合は、賃料の1.5ヶ月分がかかることもあります。
いずれにせよ、広告費を支払うのは避けたいはずですので、なるべく途中契約の必要がない選択をするか、途中契約のペナルティが少ないものを選ばなくてはなりません。

まとめ

できるだけ媒介契約を途中解約しなくても済む選択をするのがベストです。
また、もしコネクションがなるなら、まずは独力で買い手を探すのもよいでしょう。
無駄なコストを省け、利益が増えます。
スムーズに売却するための段取りは手を抜かないでください。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を買い替えるタイミングと順序についてご紹介します   記事一覧   不動産売買で市街化調整区域を扱うのは難しい?ほかの土地との違いとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る