昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売買で市街化調整区域を扱うのは難しい?ほかの土地との違いとは?

不動産売買で市街化調整区域を扱うのは難しい?ほかの土地との違いとは?

≪ 前へ|不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について   記事一覧   不動産相続の限定承認とは?概要と具体的な流れを解説|次へ ≫

不動産売買で市街化調整区域を扱うのは難しい?ほかの土地との違いとは?

土地の中には、自治体が決定した市街化調整区域があります。
市街化調整区域には他の土地とは違った特徴がありますので、売買をおこなう前に特徴を押さえておきましょう。
まずは、市街化調整区域と他の地域との違いから見ていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売買において注意したほうがいい?市街化調整区域とは

市街化調整区域とは、地域の過度な開発を防ぐために開発を制限している区域です。
積極的に開発を進めていく市街化区域とは異なり、建築の制限がおこなわれています。
市街化調整区域で新しく建物を作ったり、建て替えたりするときは自治体の許可が必要で、市街化調整区域では自由に建築ができない分、土地の価格が安くなる傾向があります。
インフラ設備も市街化区域より遅れる傾向にあり、必要なインフラが整備されていないことが多いです。
市街化調整区域は不便な点もありますが、開発が進んでいない場所で静かというメリットもあります。
市街化調整区域で建てられる物件の制限は自治体ごとに違い、自治体によっては制限が厳しくなく、決まった条件を満たせば物件を建てられることもあります。

不動産売買で市街化調整区域を扱うときの注意点とは

市街化調整区域の売買では、開発条件の確認が欠かせません。
なぜなら、市街化調整区域で開発許可を受けるのは土地の買い手側であり、せっかく土地を購入しても開発制限が厳しい土地では活用できないからです。
市街化調整区域の中には、宅地として活用されている土地もあります。
宅地になっている市街化調整区域は買い手がつきやすいので、市街化調整区域の売却を考えて購入するなら宅地を探してみましょう。
市街化調整区域は、事業用の土地として売り出しても買い手が付きやすいです。
開発条件を明確にし、安心して事業に使える環境を整えてください。
市街化調整区域を宅地として活用する場合は、周辺環境も合わせてチェックしましょう。
市街化調整区域は、どうしても商業施設や公共施設からの距離が離れてしまいます。
スーパーやドラッグストアといった商業施設はあるか、病院などの公共施設までの距離はどれくらいかを調べましょう。
また、不足しているインフラがあると設備費用が掛かりますので、インフラの充実ぶりも合わせてチェックしてください。

まとめ

市街化調整区域は制限が多く扱いが難しいと思われがちですが、工夫すればたくさんの活用方法があります。
どの程度までなら開発ができるのか、土地の用途を何にするのかなど不動産会社や自治体の担当部署に相談してみるのもいいかもしれません。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却するなら知っておきたい媒介契約について   記事一覧   不動産相続の限定承認とは?概要と具体的な流れを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る