昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却の際に残置物があると不利?注意点やポイントをチェック!

不動産売却の際に残置物があると不利?注意点やポイントをチェック!

≪ 前へ|民法改正によってできた不動産売却における「契約不適合責任」とは?   記事一覧   知っておきたい!抵当権付きの不動産を売却する方法とは?|次へ ≫

不動産売却の際に残置物があると不利?注意点やポイントをチェック!

これまで住んでいた家を売却する場合、使っていたけれど不要になった家電や家財道具を残していくこと、つまり残置物をそのままにして売却することは一般的ではありません。
不動産売却の際に残置物を撤去することが望ましい理由や撤去の方法を改めて確認していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にあたって残置物の撤去は必要?

家の売却とともに、これまで使っていた家電や家具などの家財道具は、基本的には売主が処分する必要があります。
もしもこれらの残置物をそのままにして退去する場合は、処分費用を買主に支払ったり、売却価格から処分に必要な費用を差し引いたりすることが必要です。
とはいっても常識で考えても、これまで使っていた家財道具をそのままにして転居するという人はほとんどいません。
中古の家とはいえ、買主は新しい家財道具やこれまで自分が使ってきた家財道具をそのまま使いたいと思う人がほとんどだからです。
ただ、買主によっては残置物の撤去が不要なケースがあります。
買主が個人である場合は残置物を売主が撤去することが原則として決められていますが、買主が不動産会社である場合は、残置物が未撤去の状態でも買い取ってもらうことが可能です。
残置物をそのままに不動産会社に売却する場合は、買い取り価格から残置物撤去にかかる費用を差し引いてもらうという方法が取られます。

不動産売却にあたり残置物を撤去するための流れや方法とは

残置物を自分で撤去する場合
残置物を自分で撤去すれば費用を節約することができますが、ある程度の手間と時間を要します。
残置物の種類ごとに、自治体の決まりに従って処分をおこないます。
パソコンやエアコンをはじめとした家電リサイクル法対象物には注意が必要です。

業者に撤去を依頼する場合
片付ける時間がない場合は、費用はかかりますが専門業者に依頼することも可能です。
不要品の撤去や引き取りをしてくれる業者はたくさんあるため、悪徳な業者に引っかからないように、実績があって必要な許認可を持っている業者を選ぶようにしましょう。

空っぽの状態で引き渡すことが基本ですが、やむを得ない事情から残置物をそのままにしなければいけない場合は、処分する物の量から必要な費用を算出し、前もって買主に支払う必要性が出てくることを覚えておきましょう。
売主側が残置物の処分費用を出したとしても、買主側からすれば残置物の処分は手間になりますし、自分の引越し以外に時間を取られることは大きなデメリットになります。
スムーズな売却のためにも、残置物は極力自分で処分することをおすすめします。

まとめ

不動産を売却して退去する場合、これまで使っていた家財道具などの残置物は、売主側で処分することが基本です。
もしも残置物がある状態で引き渡す場合は、処分費用を支払ったり、売却価格から処分費用を差し引いたりするようにします。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|民法改正によってできた不動産売却における「契約不適合責任」とは?   記事一覧   知っておきたい!抵当権付きの不動産を売却する方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る