昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産の売却には土地の図面が必要になることも!図面が必要な理由とは?

不動産の売却には土地の図面が必要になることも!図面が必要な理由とは?

≪ 前へ|知っておきたい!抵当権付きの不動産を売却する方法とは?   記事一覧   不動産売却でマイナンバーが必要なケースとは?理由も解説!|次へ ≫

不動産の売却には土地の図面が必要になることも!図面が必要な理由とは?

不動産を売却するとき、不動産会社から図面の提出を求められることがあります。
図面というと、建物の図面をイメージする方が多いのではないでしょうか?
しかし、不動産会社が求めているのは、土地の図面かもしれません。
土地の図面とはどういったもので、どうして必要なのかを見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に土地の図面が必要になる理由とは?

不動産売却に土地の図面が必要になるのは、土地の売買価格を決定するために必要なものだからです。
登記簿に記載されている公簿面積で金額を決める方法もありますが、公簿面積が正しくないことがあり、一般的に土地の図面を使って価格を決められるようになりました。
土地の図面には、地図・公図・地積測量図・現況測量図・確定測量図があります。
地図はインターネットで見られるような地図ではなく、法務局で取得できる不動産登記法14条で定められた地図です。
公図は不動産登記法14条で定められた地図を作成するために作られたものですが、まだ日本全国版がないため、不動産登記法14条で定められた地図に準ずる図面とされています。
地積測量図は土地の面積を測った図面で、土地の面積を正確に測る必要がある場合にのみ作成されるものです。
現況測量図は、土地の所有者が主張する境界線に基づいておこなわれた測量により作成されます。
地積測量図と現況測量図はどちらも図面ですが、土地の売買価格を決めるのには正確性に欠けるものもあるようです。
確定測量図が、不動産売却時に不動産会社から求められることが多い図面といわれます。
確定測量図は、隣地の所有者立ち合いで境界線を確定し、すべての土地の所有者が協会確認書を作成して作られた図面です。
隣地の所有者も納得した正しい境界線を確定して作られた図面なので、不動産売却後にトラブルになることもありません。

不動産売却のための土地の図面の取得方法・入手方法とは?

不動産売却のとき、どのようにして図面を取得したらいいのかみていきましょう。
だいたいの図面は法務局で取得することができ、費用もそれほど高額ではありません。
法務局で取得できる図面は、土地の所有者だけが入手できるものではなく、誰でも取得できるので第三者に手続きをお願いすることもできます。
窓口で申請する場合とインターネットでデータだけ取得する場合とでは費用が違うため、法務局のホームページをチェックしましょう。
確定測量図が作成されていない場合は、自分で作成する必要があります。
確定測量図を作成するための費用は、50万円から60万円程度必要です。
どのような手続きが必要なのか、不動産会社に相談しましょう。

まとめ

不動産を売却するときには、金額を決めるために土地の図面が必要になります。
土地を購入したときに図面をもらっているなら、大切に保管しておくといいでしょう。
確定測量図が不要な不動産会社もあるため、作成しなければいけないかどうか売却前に相談するのがおすすめです。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応え致します。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|知っておきたい!抵当権付きの不動産を売却する方法とは?   記事一覧   不動産売却でマイナンバーが必要なケースとは?理由も解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る