昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却で起こり得るトラブルとは?トラブルの事例や対処法をまとめます

不動産売却で起こり得るトラブルとは?トラブルの事例や対処法をまとめます

≪ 前へ|狭小地は不動産売却で不利?売却を成功させる方法とは?   記事一覧   共有名義の不動産売却は大変?スムーズに売却する方法と注意点|次へ ≫

不動産売却で起こり得るトラブルとは?トラブルの事例や対処法をまとめます

不動産の売却では大きなお金が動くので、トラブルが発生することも多いといわれています。
どのようなトラブルが起こるのか、あらかじめ知っておくことで回避できる場合もあります。

この記事では、不動産売却においてよくあるトラブル例とその対処法を見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却でよくあるトラブルとは?例を見ていこう

不動産売却で売主がトラブルになる相手は、仲介会社と買主です。
仲介会社とのトラブルには、仲介手数料・広告費のトラブルと、売却活動をしてくれないといったトラブルがあります。
仲介手数料と広告費のトラブルは、実際に支払わなければいけない金額より多く請求されるというトラブルです。
売主に相談なく仲介会社が勝手に広告を出し、請求をしてくる悪質な仲介会社もあります。
安い価格で買い取るために、売却活動をしてくれない仲介業者もいるようです。
すぐに不動産をお金にしたい売主は、相場の半額以下で販売してしまうことがあります。
買主とのトラブルには、契約書の内容相違や一方的な契約破棄、支払いがされないといったトラブルがあります。
契約書の内容相違は、契約書に記載されているものと登記簿上の記載が違う、設備が違うなどさまざまです。
買主からの一方的な契約破棄は、住宅ローンの審査が通らなかったために契約破棄の申し出があるケースがあります。
契約まではスムーズに進んでも、契約締結後に支払いがされなかったり、支払いが遅れたりするトラブルもあるようです。

不動産の売却でトラブルになったときの対処法!まずは事前の対策を

不動産売却でトラブルにならないために、まずは信頼できる仲介業者を選ぶことです。
実績や口コミをチェックして、信頼できる会社なのか調べておきましょう。
信頼できる仲介業者であれば、買主とのトラブルになる確率も減ります。
買主とトラブルにならないように、書類にしっかり目を通すことが大切です。
信頼できる仲介業者であっても任せきりにしないで、細部までチェックしましょう。
必要な提出書類は、最新のものを期限内に提出しておくと安心です。
契約の一方的な破棄は、コミュニケーションがとれていないことから起こることがあります。
仲介業者に依頼して、住宅ローンの審査の進捗を確認しておくと安心でしょう。
ただ、契約締結後に支払いがないのは、仲介業者だけでは解決できないことがあります。
悪質だと思うトラブルなら、専門家に相談することも大切です。

まとめ

不動産売却でのトラブルには、記事でご紹介した以外のトラブルもあります。
トラブルを回避するためには、売買経験の豊富な仲介会社や担当者に依頼しましょう。
また、トラブルが発生したときは速やかに仲介業者に報告して対応をお願いしたり、専門家に依頼したりするのがおすすめです。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|狭小地は不動産売却で不利?売却を成功させる方法とは?   記事一覧   共有名義の不動産売却は大変?スムーズに売却する方法と注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る