昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 農地を相続したけれどいらない場合はどうしたらいい?売却はできる?

農地を相続したけれどいらない場合はどうしたらいい?売却はできる?

≪ 前へ|農地転用できない土地がある?特徴や売却の方法をチェック!    記事一覧

農地を相続したけれどいらない場合はどうしたらいい?売却はできる?

土地と一口に言ってもさまざまな用途があるものです。
相続した土地が農地だった場合で、農業を営んでおらず、その土地を利用する予定もない場合はどうしたらいいのでしょうか。
今回は相続した農地がいらない場合に注目して、いらないと考える理由や売却などの対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した農地がいらない理由の具体例とは?

農地を相続しても利用する予定がなく、いらないと考えている人は少なくありません。
利用しない農地には次のようなマイナス点があることが、いらない理由の多くを占めています。

固定資産税がかかる
たとえ利用していない土地でも固定資産税がかかるため、農業を営んでいないからと、その土地を放置しておくとそれだけで余計なお金がかかってしまいます。

維持・管理のための手間や費用がかかる
農地をそのままにしておくと雑草や害虫の発生などによる衛生上の問題や防犯上の問題が起こりやすくなります。
近隣の住人に迷惑をかけないためにも、土地の維持や管理が必要となりそのための手間や費用がかかります。

宅地として利用するためには手続きが必要
農地は農地法によって、農業以外の目的で使用することは制限されており、宅地として使うためには、農地転用という手続きをしなければなりません。
農地を宅地として使いやすいように造成する必要が出てくる場合もあり、ある程度の費用が必要になります。

相続したいらない農地を売却するためにはどうしたらいい?

では、利用する予定がないいらない農地は、どのようにして手放せばいのでしょうか。
また、売却する方法はあるのでしょうか。

自治体に寄付する
市町村が定める基準や条件を満たしている土地で、自治体が使用する目的がある場合は寄付をすることができます。
ただ、税収が減ることや管理費負担の面から考えて、市町村が寄付を受け入れることは難しい場合が多いです。

必要としている人に寄付する
隣に土地を持つ人など、その農地を必要としている人がいれば、寄付(譲渡)する方法があります。

相続放棄する
その農地を相続したくない場合は、相続放棄をすることができます。
ただし、農地だけを放棄して他の遺産は相続するということはできないので、土地のほかに遺産がある場合でもすべてを放棄することになります。

売却する
農地のままでは売却しにくい場合、農地転用して宅地に変更してから売却することも可能です。

まとめ

農地はそのままでは宅地として使うことができないため、いらないと考える人も少なくありません。
農地を手放すためには、寄付や譲渡、売却などの方法があります。
売却したいと思ったら、農地売却に強い不動産会社に相談してみることをおすすめします。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|農地転用できない土地がある?特徴や売却の方法をチェック!    記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る