昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 農地買い取りの流れとは?宅地として使うためには手続きが必要

農地買い取りの流れとは?宅地として使うためには手続きが必要

≪ 前へ|農地を相続したけれどいらない場合はどうしたらいい?売却はできる?   記事一覧   家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう|次へ ≫

農地買い取りの流れとは?宅地として使うためには手続きが必要

農地の買い取りと一口に言っても、その後の使い道によってはそのまま買い取りをしても有効利用できない場合があります。
今回は農地買い取りの流れについて詳しく紹介していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

そのまま農地として買い取りしてもらう場合の具体的な流れ

農地をそのまま農地として使いたい人が買い取りをする場合には、普通に買手を探すところから始めます。

1.買手を探して契約を結ぶ
農家を営んでいる人で、土地を買いたいと思っている人を探して売買契約を結びます。
知り合いにあたるか、農業関連の機関や不動産会社を通して探します。

2.農地売却をするための許可申請をおこなう
農業委員会に売却許可の申請をおこない、農地の状態をはじめとした売手の審査や買手が所有者にふさわしいかなどの審査を受けます。

3.買手が仮登記をおこなう
売却の許可が下りるまでの期間を利用して、買手が所有権移転請求権仮登記をおこないます。
仮登記をおこなうことには、あとで本登記をする際スムーズにおこなえるというメリットがありますが、必ずしも必要なことではありません。

4.本登記・精算
売却の許可が下りたら、売買契約書に従って農地の引渡しをおこない、仮登記から本登記へと切り替えます。

地目を変える農地転用での買い取りの場合に必要な手続きと流れ

農地を宅地として売却する場合、そのままの状態で売却や買い取りをすることはできません。
この場合は、地目変更をして売買する農地転用の許可を得る必要があります。

1.農地転用の許可を求めるための申請をおこなう
農業委員会において、農地転用の許可申請をおこないます。

2.契約を結ぶ
農地転用の許可が下りるまでの期間を利用して買手を探し、売買契約を結びます。

3.買手の仮登録・本登記・精算
買手が仮登録をおこない、農業委員会から農地転用の許可が下りたら本登記と精算をし、通常の売却と同じ流れで進めて行きます。

農地の買い取りの流れのなかで必要な費用と税金について

農地は、立地や広さ、種類によって費用が異なります。
また、同じ条件の農地であっても地域ごとにも費用が異なるため、エリアごとの価格の動向や傾向をチェックしておくことが大切です。
農地を売却した場合、譲渡所得税、印紙税、登録免許税がかかります。
条件によっては特別控除が適用され、節税できる場合もあるため、よく調べておくようにしましょう。

まとめ

農地の買い取りや売却をする場合、その土地をそのまま農地として使うか、宅地など別の使い方をするかで、手続きの流れが違ってくるため注意が必要です。
また、農地でも他の土地と同じように売却後には税金がかかるため、きちんと調べておくことが必要です。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|農地を相続したけれどいらない場合はどうしたらいい?売却はできる?   記事一覧   家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る