昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう

家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう

≪ 前へ|農地買い取りの流れとは?宅地として使うためには手続きが必要   記事一覧   不動産売却でも知っておきたい!木造住宅の燃えしろ設計とは? |次へ ≫

家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう

家は、その素材によって丈夫さや耐久性に違いが出てきます。
そのため不動産を購入する際、家の構造を重視する人も少なくありません。
中でもRC構造の家は耐久性があることで知られており、売却時にもさまざまな影響を与えます。

弊社へのお問い合わせはこちら

売却でも重要な家の構造!RC造とSRC造のメリットとデメリット

家の構造は、その素材や造りによって呼び方が異なります。

RC造
RC造のRCとは鉄筋コンクリート造を略した言葉です。
コンクリートを鉄筋によって補強した造りのことで、圧縮力に強いが引張力に弱いコンクリートと、引張力に強いが錆びやすく耐火性に劣る鉄筋の良い点を併せ持つように作られていることが特徴です。
お互いの弱点を補い合うことで、耐久性が高く変形しにくいというメリットを持っています。
RC造のデメリットは、建物そのものが重くなりやすいため、軟弱な地盤には向かないという点です。

SRC造
SRC造のSRCとは鉄骨鉄筋コンクリート造を略した言葉です。
RC造に鉄骨造を入れることで、RC造の耐久性にしなやかさが加えられました。
SRC造のデメリットは、建設コストが高いという点です。

RC造だけじゃない!売却でも重要な家の構造W造とS造

先ほどお話ししたRC造、SRC造の他に、W造、S造という構造があります。

W造
W造のWは、Woodすなわち木を表しており、木造のことを言います。
ほかの構造と比べるとコストを低く抑えられるのがメリットです。
ただ遮音性が低く、冷暖房の効きが悪いというデメリットがあります。

S造
S造は鉄骨系の構造の家を指します。
使用しているのはスチールで、その頭文字からS造と言われています。
マンションやビルなどの比較的大きな建物に使用されます。
造りや素材によって家の耐久性や耐震性に違いが出てくるのに伴って、売却価格にも影響します。
昔ながらのW造やS造の家に比べて、RC造やSRC造の家は、耐久性や耐震性、耐火性が高いことから、売却価格がアップします。
RC造の家は築古のものでも耐久性がほとんど低下しないというメリットがあり、小まめに手入れをしておくことで、大きなリフォームやメンテナンスをする必要がないという点も魅力です。
また、RC造やSRC造の家はコンクリートを使用しているため、遮音性に優れています。

まとめ

家の構造には、W造・S造・RC造・SRC造などがあります。
耐久性に優れたRC造SRC造は、売却をするときにも比較的高額で売れることが期待できます。
それぞれのメリットとデメリットを比較しながら、将来的に売却しやすいかどうかも考え合わせて選ぶようにしましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|農地買い取りの流れとは?宅地として使うためには手続きが必要   記事一覧   不動産売却でも知っておきたい!木造住宅の燃えしろ設計とは? |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る