昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却でも知っておきたい!木造住宅の燃えしろ設計とは?

不動産売却でも知っておきたい!木造住宅の燃えしろ設計とは?

≪ 前へ|家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう   記事一覧   60代で家を売った理由とは?売却の際の注意点とポイント|次へ ≫

不動産売却でも知っておきたい!木造住宅の燃えしろ設計とは?

不動産売却において知っておきたいことのひとつに「燃えしろ設計」というものがあります。
あまりなじみのない言葉かもしれませんので、こちらで詳しく解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却でも価値が高まる!木造住宅の燃えしろ設計とは?

「燃えしろ設計」とは「燃え代設計」とも書き、準耐火建築物の設計のことを言います。
木製の柱や梁が火災時にどれぐらいの部分までが燃えるかの厚みを予想し、あらかじめ構造上必要となる厚みを付け加えておく手法です。
簡単に言うと、柱や梁を太めに作っておくことで火災のときに柱や梁が燃えても建物が倒れないように考えて設計する方法で、柱や梁が通常よりも太いのが特徴です。
柱や梁の構造部分が火事で燃えることによって、建物の重さに耐えられなくなると建物が倒れてしまうことを避けるために用いられる方法です。
燃えしろを設けた柱や梁は30分・45分・1時間という決められた時間内は炎に耐えられるように設計されています。
通常よりも燃えにくいため、その間に消火活動をすることで建物が倒れることを防ぎ、その後も家として住むことが可能になります。
そのため、木造の建物でも燃えしろ設計がしてある家は寿命が長く、価値を高めることができるのです。

燃えしろ設計の不動産など性能のいい家を上手に売却するコツ

住宅性能が一定以上の家や省エネ基準に合格している家は「長期優良住宅」に認定されます。
長期優良住宅に認定されると、補助金をもらえたり住宅ローン金利が安くなったりという優遇措置が受けられます。
また、耐震性と防火性能に優れており、建物の寿命が長いことから、比較的売却しやすいというメリットもあります。
中古の住宅は、長期優良住宅の認定を受けているだけでも売りやすくなりますが、さらにスムーズに希望の価格で売却できるようなコツを知っておきましょう。
住宅は築年数が経つごとに劣化していくものですから、屋根や外壁をはじめとして普段からメンテナンスや修理をしておくことが大切です。
また、室内に湿気が溜まるとカビが発生しやすくなり、水回りに影響を与えてしまいます。
普段からこまめに換気をおこない、売却前には水回りの掃除や設備のチェックをしておくようにしましょう。

まとめ

燃えしろ設計とは、木造住宅が火事に遭った際に崩れ落ちないように、柱や梁を太くし、炎に耐えうるように設計することを言います。
燃えしろ設計をはじめとして、性能のいい寿命の長い家は「長期優良住宅」に認定され、価値を高めることができます。
長期優良住宅認定であることにくわえて、普段からこまめにメンテナンスをしておくことは、家のスムーズな売却を目指す際の大きな助けとなります。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家がRC造だと売却時にどんな影響がある?そのほかの構造についても知っておこう   記事一覧   60代で家を売った理由とは?売却の際の注意点とポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る