昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや売却する際の注意点

遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや売却する際の注意点

≪ 前へ|不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!   記事一覧   固定資産税とは?不動産売却にともなう支払いの扱いを解説!|次へ ≫

遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや売却する際の注意点

遠方にある不動産を売却したいけれど、どのように売却すればいいのかお悩みの方はいませんか。
なかなか現地へ出向く時間が取れない場合などは、どのように売却を進めたらよいのでしょうか。
今回は、遠方にある不動産の売却方法や流れ、注意点について詳しくご紹介しますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください!

弊社へのお問い合わせはこちら

遠方にある不動産を売却するための3つの方法

契約書の持ち回り契約を利用する

不動産会社が契約書を作成し、売主と買主へ郵送します。
それぞれ署名・捺印をおこない契約を交わし、買主が指定の口座へ手付金を振り込めば契約が成立します。

知人に代理で契約をおこなってもらう

不動産のある場所へ出向ける親族や知人に、契約書への署名・捺印を依頼し、不動産売買の契約を代理でおこなってもらうことができます。
ただし、代理人が契約上でトラブルを起こした場合、依頼人が責任を負うことになるので、慎重な代理人選びが必要です。

司法書士に依頼し契約をおこなってもらう

司法書士に委任状を託し、代理で不動産売買の契約をおこなってもらうことができます。
その際、司法書士への報酬が必要となります。

遠方にある不動産を売却する場合どんな流れで契約が進むの?

まず、売却する不動産を査定してもらい、売却価格を把握します。
次に、郵送にて不動産会社と売買契約を結びます。
契約を結んだら、不動産会社が売却活動を始めるので、営業活動報告を確認しながら、状況を把握しておきましょう。
契約が決まれば、前項でご紹介した方法などで、売買契約を締結します。
買主からの入金が確認できれば、鍵の引き渡しをおこないます。

遠方にある不動産を売却する場合に気を付けたい注意点とは

契約に時間がかかる

自分の住んでいない地域と管轄が異なる役所や法務局での手続きが必要なため、現地調査や確認に時間がかかります。
また、郵送を利用して契約をおこなう場合は、やり取りだけでも時間がかかるので、余裕を持った売却計画を立てることが重要です。

信頼できる不動産会社を選ぶ

遠方のため顔を合わせる機会が少ないので、何社か比較しながら信頼できる不動産会社を慎重に選びましょう。
不動産会社との契約は、営業活動報告の義務がある専任媒介契約が、逐次状況を把握できるのでおすすめです。

まとめ

遠方の不動産の売却方法は、契約書の持ち回り契約、知人や司法書士に代理で契約してもらう方法などがあります。
ただ、契約まで時間がかかるため、余裕を持った売却計画が重要になってきます。
遠方の不動産の売却方法をもう少し詳しく知りたいという方は、一度不動産会社に相談してみることをおすすめします。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!   記事一覧   固定資産税とは?不動産売却にともなう支払いの扱いを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る