昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産の「売却」と「買取」の違いとは?高く売るためにはどちらがおすすめか

不動産の「売却」と「買取」の違いとは?高く売るためにはどちらがおすすめか

≪ 前へ|節税対策に!不動産売却とふるさと納税を同時におこなう際に気を付けること   記事一覧   不動産売却するなら知っておこう!不動産売買でもクーリングオフはできる? |次へ ≫

不動産の「売却」と「買取」の違いとは?高く売るためにはどちらがおすすめか

不動産を売却する際、「売却(仲介)」と「買取」という2つの方法があります。
売却にもさまざまな理由があり、「住み替えで新しい家の購入資金が必要」「相続で住む予定はない実家を受け継いだ」など、状況によって売却と買取のどちらが有利なのかも異なります。
売却と買取ではどう違うのか、仕組みやメリット、デメリットなどを解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却と買取の違い①買取と売却の違いとは?

不動産を売却するには、不動産会社を通じて売却する方法が一般的です。
この場合、不動産会社が購入希望者を探し、売主と買主の間に入って取引のさまざまな条件を調整するなど、売買を成立させる仲介をおこないます。
これに対し、買取は"不動産会社がその不動産を直接買い取る"ことをいいます。
不動産会社が不動産の査定価格を提示し、その価格に売主が納得すれば、不動産会社が買主としてその不動産を買い取ります。

不動産の売却と買取の違い②価格を重視するなら売却がおすすめ!

不動産を仲介によって売却する場合、買取よりも高く売却できる可能性があります。
特別な事情がない限り、不動産会社の仲介で売却活動をするほうが、高く不動産を売却できるでしょう。
以下のような条件であれば、買取よりも売却に向いているといえます。

●築浅物件である
●立地条件がよい
●売却に時間がかかってもよい
●売却価格を下げたくない

不動産の売却と買取の違い③期間が短いなら売却より買取が有利!

買取の最も大きなメリットは、短期間で売却ができることです。
不動産会社との直接取引になるため、広告を出して買主が現れるのを待つ必要がありません。

そのため販売期間が不要となり、査定から取引まで短い期間で手続きを完了することができ、さまざまな事情で売却を急ぐ場合には好都合です。
買取には、それ以外にもいくつかのメリットがあります。

仲介手数料がかからない
仲介によって不動産を売却する際には仲介手数料がかかりますが、買取の場合は不要です。
これは、不動産会社が物件を仕入れ、リフォームやリノベーション後に販売することで利益が得られるからです。
ちなみに3,000万円の物件を売却すると、3,000万円×3%+6万円+消費税で105万円あまりの仲介手数料を支払うことになり、大きな出費です。

契約不適合責任が問われない
買主が業者である不動産買取では、契約不適合責任は免除されます。
契約不適合責任とは"契約内容と異なるものを売却したときは、売主が債務不履行の責任を負う"ということです。
たとえば、雨漏りなどの欠陥を契約書に記載せずに売却すると、不動産売却後に売主が補修などの対応をしなければならず、場合によっては契約を解除されることもあります。

近所に知られずに売却できる
一般的な売却の場合、内覧などの営業活動が必要なため、売却することを近所の人に知られる可能性は高くなります。
買取の場合は、不動産会社との直接の取引のため、近隣の人に知られにくいといえるでしょう。

まとめ

不動産における売却と買取の違いについて解説しました。
自分に合った不動産売却をおこなうためには、それぞれの特徴を理解しておきましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|節税対策に!不動産売却とふるさと納税を同時におこなう際に気を付けること   記事一覧   不動産売却するなら知っておこう!不動産売買でもクーリングオフはできる? |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る