昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産相続で遺留分が発生したら?その計算方法や請求方法とは!

不動産相続で遺留分が発生したら?その計算方法や請求方法とは!

≪ 前へ|相続財産に空き家状態の不動産があったらどうする?リスクや解決策は?   記事一覧   どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説|次へ ≫

不動産相続で遺留分が発生したら?その計算方法や請求方法とは!

相続にはさまざまな問題がつきものですので、これから相続を予定しているけれど不安が多いという方は少なくありません。
不動産が含まれる相続でも、やっかいな問題になりがちなのが遺留分の発生です。
今回は遺留分とは何かをまずご説明したうえで、遺留分の計算方法や請求方法などについても解説します。
不動産などの相続を予定している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を相続するなら知っておきたい!遺留分とはいったい何?

不動産を相続する予定がある人、特に「遺言状があるかもしれない」という状況の人に知っておいてもらいたいのが「遺留分」です。
遺留分とは、被相続人の配偶者や子など、一定範囲の相続人のために必ず留保(遺留)しなければならない、と法律で決められている遺産部分のことです。
たとえば遺言状に「全財産を友人の○○に譲る」というような内容があったとしても、被相続人に配偶者や子がいた場合、相続財産の全額を友人○○さんに遺贈することはできず、配偶者や子は遺留分だけは相続できる、という形になるのです。

不動産を含む相続で遺留分が発生した時の計算方法は?

相続における遺留分がどのくらいあるかというと、その計算方法は「法定相続分の半分(遺留分の権利者が、血のつながりのある父母など直系尊属の場合は3分の1)」となります。
たとえば法定相続人が配偶者と子ども1人ならそれぞれの法定相続分は2分の1ですから、遺留分はさらにその半分、つまり4分の1ずつを相続できる、という形になります。
これが現金だけの相続ならその遺留分を現金渡しすればいいだけなので簡単ですが、不動産がからんだ相続の場合は、遺留分に相当するお金を価額弁償するという形になります。

不動産を含む相続で遺留分がもらえない場合はどうやって請求すればいい?

「不動産を含む相続があり、自分は遺留分だけは相続できるはずなのに、その遺留分に相当するものをもらえていない」という時は、遺留分請求の意思表示をする「遺留分侵害額請求」ができます。
相続財産を調べたうえで、自分が遺留分相当分をもらえていないことが判明した場合は、遺留分侵害額請求を出して清算金を請求しましょう。

遺留分侵害額請求は電話でも一応可能ではありますが、これはトラブルになる懸念がありますので、内容証明郵便で出すほうがおすすめです。
ちなみに遺留分の請求権は、遺留分が侵害されていることを「知った時」から1年で時効を迎えますので、早めに請求することが大切ですよ。
なお「相続が発生していることすら知らなかった」という場合でも、10年で時効を迎えますので頭に入れておいてください。

まとめ

今回は不動産を含む相続で遺留分が発生した場合のケースを想定して解説しました。
不動産を含む相続は、現金と違って分けにくく少々面倒ですが、遺留分の請求は時効が早いので、面倒でも早めに動きましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続財産に空き家状態の不動産があったらどうする?リスクや解決策は?   記事一覧   どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る