昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説

どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説

≪ 前へ|不動産相続で遺留分が発生したら?その計算方法や請求方法とは!   記事一覧   不動産の相続方法である「現物分割」のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説

住宅を購入する際、新築物件と中古物件のどっちを選ぶか迷うことも多いものです。
住宅の購入は大きな買い物なので、慎重に選ぶことが大切です。
両方のメリットとデメリット、注意点や選び方のポイントについて解説しますので、購入の際の参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築か?中古か?どっちかを決める前に特徴を把握

新築のメリットは最新設備を備えていることが多く、耐震性やシステムキッチンのほか、断熱ガラスや床暖房、バブルバスなどといった機能性が高い点です。
使いやすくオシャレなキッチン、掃除がしやすくにおいのこもらないトイレなど、快適に住める設備が整っているのが新築物件の特徴です。
また、住宅ローンや固定資産税などに対する税制優遇においても、中古物件よりも手厚いのも特徴でしょう。
ただし、設備面においてはキリがなく、便利で快適さを求めれば求めるほど費用が高くなります。
一方、中古物件のメリットは費用を抑えることが可能な点です。
近年ではリノベーションをして好みの家にするケースも多く、空き家などを購入すれば大きなコストダウンが見込めます。
中古物件の数は多く、希望のエリアの物件を見つけやすいのも特徴でしょう。
ただし、設備は古く、耐震性など安心して住める家を探さなければなりません。
また、築年数によっては住宅ローンを利用できない可能性があります。

新築と中古ではどっちがいい?選び方のポイント

新しい家と古い家、どっちがいいかを選べばよいか?

選び方のポイントとしては、何を優先したいかを考えて決めることです。
「エリアにこだわるのか」「設備を優先するのか」こだわりたいポイントをよく考えてみましょう。
また「絶対譲れない条件は何か?」を考えるのも、選び方のポイントです。
家族の意見も無視してはいけません。
すべての意見を聞き入れるわけにはいかないかもしれませんが、できるだけ家族みんなが納得できる家を選ぶのも失敗しない選び方として重要です。

新築と中古のどっちを選ぶとしても注意点をチェック!

新築物件の注意点としては、実物を見られないことです。
できあがってみたらイメージと違った、日当たりが悪かったということもあるので、できるだけ具体的な情報を入手することが必要です。
中古物件の場合は、リフォームやリノベーションができる範囲を確認しましょう。
建物の土台や地域などによって、設備の設置や交換に制限が生じることがあります。
また、マンションの場合は修繕積立金にも注意が必要です。
修繕積立金は築年数が古いほど高くなることが多く、タイミングによっては入居してすぐに修繕積立金が高くなることもあります。
購入を決める前に、管理組合などに確認しましょう。

まとめ

最新設備のある新築物件、費用を抑えやすい中古物件、それぞれにメリットとデメリットがあり、どっちがよいとは一概に言えません。
注意点を踏まえ、何を優先するか、譲れないポイントは何か、を考えて選ぶとよいでしょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続で遺留分が発生したら?その計算方法や請求方法とは!   記事一覧   不動産の相続方法である「現物分割」のメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る