昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産の相続方法である「現物分割」のメリット・デメリットとは?

不動産の相続方法である「現物分割」のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説   記事一覧   不動産の相続~アパートの相続方法と流れ~|次へ ≫

不動産の相続方法である現物分割のメリットとデメリット

財産の相続は受け継ぐ人みんなに公平に、納得できる方法で行いたいものです。
方法としてもっともわかりやすいのが、「現物分割」です。
現物分割とはどういった方法なのか、メリット・デメリットも把握しておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の相続方法の一つである「現物分割」とは?

現物分割とは不動産などの相続方法の一つで、財産を現物で(そのままの形で)分けることです。
住居などの不動産や車、株式、骨とう品など、現物をそのまま相続する方法で、財産の種類や数が多い場合に使われる方法です。
財産が預貯金など、分けやすいものが多い場合も用いられることが多いでしょう。
長男が車と現金、長女が土地など、財産の形を変えずにそのまま分けるのが現物分割です。

不動産を「現物分割」で相続するメリットとは?

メリットの一つは複雑な手続きもなく、手間がかからないことです。
不動産を売却して現金化したり、不動産を相続する代わりにほかの遺族に現金を支払ったりする手間がかかりません。
受け継いだ財産をあとで売却する際の同意も必要ありません。
家や車などを売却する必要がないため、そのまま残せるのもメリットでしょう。
相続人同士のトラブルを抑えられる可能性も高いです。
たとえば代償分割では代償金の計算をするうえで、不動産の評価が必要です。
評価に対する意見が合わないとトラブルになってしまうものですが、評価が必要ない現物分割では、そういったトラブルを避けられます。
換価分割のように、手続きが複雑だったり売却手数料などがかかったりすることもなく、話し合いや売却に時間がかかることもないでしょう。

不動産を現物分割で相続するデメリット

デメリットとしては、財産の種類や数によっては公平にならない場合があることです。
財産がどれも同じ価値であることはまずないでしょう。
公平になるように分けられないと、納得できない人が出てしまいトラブルになってしまうこともあります。
土地を分筆によって分けることになれば、利用価値が下がってしまうことも考えられます。
細分化することで用途が制限されると、価値が低下する可能性があるからです。
そもそも建物などは分筆できません。
土地のなかにも分筆できないケースもあります。
現物分割は分けやすい財産が数多くあったほうが、問題なく公平にわけることができる方法と言えます。

まとめ

現物分割はわかりやすく、相続にも時間がかからないことが多いです。
しかし、分ける財産の数が少なかったり、分けにくいものばかりだったりすると、問題が生じやすい方法です。
最善の方法なのかを見極めたうえで、分割する際にはそれぞれの相続人の事情を踏まえ、話し合いをしていくとよいでしょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|どっちを選ぶ?新築と中古の特徴と選び方と注意点を解説   記事一覧   不動産の相続~アパートの相続方法と流れ~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る