昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 底地の相続をする場合はどうするのが良い?

底地の相続をする場合はどうするのが良い?

≪ 前へ|不動産の相続~アパートの相続方法と流れ~   記事一覧   相続した空き家の売却でも3,000万円特別控除を受けられる特例とは?|次へ ≫

底地の相続をする場合はどうするのが良い?

底地を相続する場合、相続評価額が自分で使用する土地と比べると低くなるため、相続税の額が少なくなる傾向にありますが、複雑な権利関係が発生するためトラブルに発展してしまうケースもあるので注意が必要です。
底地を相続することになったり、相続する予定のある場合、どうするのが良いのか悩んでしまう人は少なくありません。
そこで今回は、底地を相続するかどうかの判断材料となるよう、底地の相続税評価額や相続するメリット・注意点についてお話ししていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

底地を相続する場合の相続税評価額の計算方法

底地とは、土地の借地権を他人に売却し、土地の所有権のみをもっている状態のことを言いますが、底地を相続する際には相続税評価額を計算する必要があります。
相続税評価額の計算は「更地としての相続税評価額×(1-借地権割合)で算出することができます。
更地としての相続税評価額は、国税庁による路線価や市町村区による固定資産税評価額を基準として計算されますが、およそ時価の8割程度の金額とされています。

底地を相続するメリットとは?

底地を賃貸することで、貸主より賃料を受け取ることが可能です。
被相続人が底地を所有し他に貸していた場合、その底地を相続することで賃料収入を引き継ぐことができます。
また、貸している土地を相続によって取得した場合、継続して賃貸をおこなう場合は一定の面積までは「小規模宅地等の特例」が適用されるため、相続税評価額が大きく減額することは大きなメリットと言えます。

底地を相続する際の注意点

底地の相続は権利関係が複雑なためトラブルへと発展してしまうケースも少なくありません。
トラブルを避けるためにも下記のことに注意しましょう。

単独所有にしてトラブルを回避

底地を相続する際には、相続人の中で誰が相続するのか話し合う必要があります。
その際に相続人の間で共有名義という形をとる場合もありますが、トラブルを回避するためには誰か1人が単独名義で相続するのが良いでしょう。
底地を複数人で共有することは可能ですが、権利関係が複雑化するため収益の配分や売却時の意見の食い違い・借地人との関係悪化など、さまざまなトラブルへと繋がってしまうことがあるので注意が必要です。

底地は評価額が低くなる傾向にある

底地の土地を利用する場合、借地人の権利が強いため処分に困ってしまう不動産会社も少なくありません。
そのため、売却をする際に買い手がなかなか見つからず、大幅な値下げを検討しなければならないというケースもあります。

底地は相続税の課税対象

被相続人が亡くなった場合、底地は相続財産となるため課税対象となるので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
底地を相続する予定のある人は、底地をどうするのが良いか悩んでしまいますよね。
底地を相続することで賃料収入や相続税評価額の軽減というメリットがありますが、相続税の課税対象となることや売却が難しいという注意点もしっかりと理解しておく必要があります。
代々受け継いできた土地の場合、どうするのが良いか悩んでしまうかもしれませんが、相続税や固定資産税を支払ってでも維持するべきかどうかを慎重に判断しなければなりません。
親族間や個人での判断が難しい場合は、専門機関への相談が安心です。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続~アパートの相続方法と流れ~   記事一覧   相続した空き家の売却でも3,000万円特別控除を受けられる特例とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る