昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産の相続税を延納することはできる?延納の要件や利子税をチェック!

不動産の相続税を延納することはできる?延納の要件や利子税をチェック!

≪ 前へ|不動産相続した二世帯住宅の相続税対策に有効!小規模宅地等の特例とは?   記事一覧   不動産の遺贈と相続との違いとは?遺贈をおこなう際の注意点も!|次へ ≫

不動産の相続税を延納することはできる?延納の要件や利子税をチェック!

不動産を相続した場合、原則として被相続人が相続税を支払うことになります。
しかし、不動産を相続したけれど、相続税を支払う余裕がないという方もいるかもしれません。
今回は不動産相続における「延納」について詳しく解説しますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続税は延納できる!延納する場合の要件とは?

相続税の延納とは

相続税を分割して支払うことができる制度です。
相続税は、原則一括で支払わなければなりませんが、支払うことが困難な場合は、延納を選択することができます。
所轄の税務署にて延納を申請できますが、すべてのケースに適用されるわけではなく、一定の要件を満たしている場合のみ認められます。

延納の要件とは

相続税が10万円以上になること
延納制度は、相続税が10万円を超える場合のみ利用できます。
なお、延納制度は、それぞれの相続人ごとに利用できる制度なので、相続人全員の合計が10万円を超えていても、個人の相続税が10万円未満の場合は、利用できません。

現金での納付が困難なこと
相続した財産と、もともと所有している財産を合計しても、相続税が支払えない場合、延納制度が利用できます。
所有している財産を、今後の生活のために残しておきたい場合も、利用が可能です。

延納税額に相当する財産を担保として提供すること
土地、不動産、有価証券、自動車等、延納税額に相当する担保を提供することで、延納制度が利用できます。

不動産相続税の延納制度を利用すると利子税がかかる?

相続税の延納制度を利用すると、利息として利子税が発生します。
相続財産によって利子税の年割合が異なり、延納分を支払うたびに利子税も支払わなくてはなりません。

利子税の計算方法
利子税の計算方法は、不動産等の割合が50%に達しているかどうかで異なります。
不動産等の割合が50%以上の場合の年割合は、動産等に係る延納相続税額が1.10%、不動産等に係る延納相続税額が0.70%です。
不動産等の割合が50%未満の場合の年割合は、一般の延納相続税額が1.30%となります。
上記は、平成30年1月1日現在の延納特例基準割合に基づいたもので、延納特例基準割合に変更があれば、年割合も変動します。
延納を申請するまでに、所轄の税務署等で年割合を確認しておきましょう。

まとめ

相続税の延納制度とは、本来一括で支払わなければならない相続税を、土地等を担保にして分割で支払う制度です。
個人で支払う相続税が10万円を超える場合、現金での支払いが困難な場合等に、利用できます。
ただし、延納には利子税がかかりますので、延納をお考えの方は念頭に置いておきましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続した二世帯住宅の相続税対策に有効!小規模宅地等の特例とは?   記事一覧   不動産の遺贈と相続との違いとは?遺贈をおこなう際の注意点も!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る