昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 任意売却後に残債が払えない場合にはどうしたらよい?対処法をチェック!

任意売却後に残債が払えない場合にはどうしたらよい?対処法をチェック!

≪ 前へ|不動産の遺贈と相続との違いとは?遺贈をおこなう際の注意点も!   記事一覧   太陽光発電システム付きの不動産を売却のコツや注意点とは?|次へ ≫

任意売却後に残債が払えない場合にはどうしたらよい?対処法をチェック!

戸建やマンションなど、自分の持ち家があっても住宅ローンの返済をすることができず、手放さざるを得ない場合があります。
このようなときに、競売に比べると比較的相場に近い価格で売却することができる任意売却という方法があります。
ただ、任意売却をしても返却しきれないローンが残ることもあります。
任意売却後に残債を払うことができない場合には、どうなってしまうのでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却をしても住宅ローンの残債を払えないとどうなる?

任意売却をしても借りていたローンの残債をすべてなくすことができるとは限りません。
売却額がローンの残債よりも低い場合、残ったローンは返し続けていく必要があります。
せっかく競売をしないで済んだとしても、任意売却後の残債の支払いのためにその後の生活を圧迫するようでは意味がありません。
とはいえ、任意売却後に残った残債は金融機関に交渉しても減額してもらうことはできず、従来通りの金融機関か債権回収会社(サービサー)に返済していく必要があります。

任意売却後の残債を払えない場合どのような対処法がある?

任意売却をしたあとでも残債があり、支払っていくことが難しい場合、減額をしてもらうことはできませんが、次のような対処法があります。

少しでも高く売却する
売却後の残債を減らすためにも、任意売却をする際には少しでも高く売却することが大切です。
とはいっても売却に時間をかけすぎると競売になってしまうので、プロに相談しながらスムーズに進めていくようにしましょう。
また、内見の際にイメージがよくなるように、室内をきれいな状態にしておくことも大切です。

金融機関やサービサーに返済方法を相談する
ローンの残りを支払っていく金融機関や債権回収会社(サービサー)に、返済方法についての相談をすることは可能です。
任意売却後の返済は1か月あたりの相場1万円から3万円ほどの分割返済をしていくことが可能なので、返済期限を延ばしてもらうことができます。
本人の収入や支出などの家計状況をもとにして、無理なく払える範囲で決めてもらえます。
また、減額は原則として認められないものの、利息はカットしてもらえることが一般的です。

まとめ

家を任意売却したあとにも残債があり、支払いが家計を圧迫してしまうことのないよう、できるだけ高い価格で売却するように努力しましょう。
また、残債を支払っていく際には債務者に相談し、無理のない分割返済をしていくこともひとつの方法です。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の遺贈と相続との違いとは?遺贈をおこなう際の注意点も!   記事一覧   太陽光発電システム付きの不動産を売却のコツや注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る