昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 長屋は売却することが難しいって本当?好条件で売却するコツを解説

長屋は売却することが難しいって本当?好条件で売却するコツを解説

≪ 前へ|太陽光発電システム付きの不動産を売却のコツや注意点とは?   記事一覧   敷地内に井戸がある土地を売却する際の手順を解説|次へ ≫

長屋は売却することが難しいって本当?好条件で売却するコツを解説

今回は長屋を所有している方、もしくは今後相続する方向けに長屋の売却方法についてご紹介します。
売却が難しいと言われている長屋ですが、その理由となるべく好条件で売却するコツについて説明していくので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

長屋とは?売却する前に知っておきたい基礎知識!

一口に長屋と言ってもさまざまな種類がありますが、一般的に独立した住戸の壁がつながった状態で連続して建っている住宅のことを言います。
最近ではテラスハウスやタウンハウスというお洒落な名前で呼ばれるようになったため、長屋と聞いてピンとこない方も多くなりました。
長屋式住宅は購入時の費用が安く、アパートやマンションを購入するよりもコストが抑えられます。
しかし、いざ売却する時にはさまざまな問題が発生します。

長屋を売却することが難しいのはなぜ?理由を解説

長屋式住宅はリフォームの自由度が低いです。
室内のリフォームなら問題ありませんが、左右の壁は隣の家とつながっているため勝手にリフォームができません。
そして、長屋式住宅は住宅ローンが通りづらいです。
住宅ローンを組む際には、万が一返済が滞ったら抵当権を実行して担保物件を売却して返済に充てます。
しかし、長屋式住宅は上記で説明したようにリフォームの際に隣家の協力を得る必要があるなどハードルが高く、買い手が付きづらいことが想定されています。
そのため担保としての価値が低く、住宅ローンの審査に通りづらくなるのです。
また、長屋式住宅は火災に弱いという傾向もあります。
壁でつながっている長屋のどこか一件で火事が発生すると、連続している家へとどんどん燃え広がってしまう可能性が高いのです。
マンションやアパートなどの共同住宅に適用される防火対策に関する法規制が長屋では適用されないため、防火対策が不十分なことも考えられます。

売却が難しい長屋をなるべく好条件で売るには?

もっとも簡単なのは個人相手ではなく、買取業者に買い取ってもらうことです。
個人相手ではリスクの多い物件は買い手が付きにくいですが、買取業者なら効果的な活用方法を考えてくれて、買い取ってもらえる可能性が上がります。
また隣家を買い取ってまとめて売りに出すこともおすすめです。
長屋のうちの一軒としてではなく、長屋全体のオーナーにならなりたいという方は多く、買い手が付きやすくなります。
また、隣家に売却の話を持ち掛けるのも手です。
同じ長屋に住んでいて同様の悩みを抱えている場合もあるため、相談してみましょう。

まとめ

今回は長屋式住宅が売却しづらい理由となるべく好条件で売るコツについてご紹介しました。
隣家とまとめて所有できれば長屋のデメリットが弱まるので、売り手も付きやすくなります。
売却する際には、ぜひこの記事を参考にしてご自身でも調べてみてください。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|太陽光発電システム付きの不動産を売却のコツや注意点とは?   記事一覧   敷地内に井戸がある土地を売却する際の手順を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る