昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 敷地内に井戸がある土地を売却する際の手順を解説

敷地内に井戸がある土地を売却する際の手順を解説

≪ 前へ|長屋は売却することが難しいって本当?好条件で売却するコツを解説   記事一覧   不動産売却時に有効なインスペクションのポイントとは?|次へ ≫

敷地内に井戸がある土地を売却する際の手順を解説

今回は、不要になった土地や相続した土地を売りに出したいけれど、敷地内に井戸があって困っている方向けに対処法をご紹介します。
埋め戻す際の必要な手順や目安の金額についてもご紹介しているので、これから売却しようとしている方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

売却したい土地の敷地内に井戸がある場合はどうするか

敷地内に井戸がある土地を売却する際には、売りに出す前に埋め戻すことが一般的です。
井戸を埋め戻すとだけ聞くとすぐにできそうですが、そこまで単純ではなく、正しい手順を踏む必要があるため個人で行うことは難しいです。
まず、井戸を埋め戻す前にはお祓いが必要になります。
昔から、井戸は神様が宿る神聖な場所とされていました。
たとえもう機能していない井戸であっても、埋め戻す前にはしっかりお祓いを行うことがおすすめです。
しかし、地域によっては風習でお祓いを行わないこともあります。
法律で決まっているわけでもないので、地域で伝わっている風習に倣うのがベストでしょう。

土地を売却したあとに井戸があると発覚した際の責任

地下に井戸が掘られており、購入時には気が付けない場合があります。
井戸だけではないですが、契約時に気付けなかった埋蔵物は土地購入後に建物を建てる基礎工事などの途中で発見されることが多いです。
そうしたときに撤去費用を買い主と売り主のどちらが負担するか、事前に定められていない場合は基本的に買い主が負担することになります。
しかし、隠れた瑕疵だとして売り主に撤去費用を請求できるケースもあるのです。
具体的には、買い主が隠れた埋蔵物があると気付いたときから1年以内で、かつ購入から10年以内なら売り主に撤去費用を請求できます。
10年以上前に購入した土地で埋蔵物を見つけても、撤去費用を売り主に請求できることはほぼありません。

売却する土地にある井戸の撤去にかかる金額

井戸を撤去する際にかかる金額は、およその目安として井戸ひとつあたり10万円前後です。
井戸があることを知らずに更地にしようとして、作業の途中に井戸が発見された場合は追加で5万円程度の費用がかかります。
また、神社にお祓いを依頼する場合は3万円程度かかります。
地元の神主さんではなく、遠方から来てもらう場合は出張費が上乗せになるので注意してください。
解体作業を依頼する際に、お祓いしたいという旨を伝えれば業者が神社を手配してくれることもあります。

まとめ

今回は、敷地内に井戸がある物件を売却する際に必要な手順や費用についてご紹介しました。
あとから隠れた瑕疵として発見されたときに揉めないように、売買契約の前に瑕疵担保責任に関する特約を定めておくことをおすすめします。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|長屋は売却することが難しいって本当?好条件で売却するコツを解説   記事一覧   不動産売却時に有効なインスペクションのポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る