昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却において屋根が越境している?原因や対処法とは?

不動産売却において屋根が越境している?原因や対処法とは?

≪ 前へ|不動産の相続で海外在住者がいるときの対応は?注意したいポイントを解説   記事一覧   マイホーム売却時に水漏れ?修繕や注意点について解説|次へ ≫

不動産売却において屋根が越境している?原因や対処法とは?

普段がそれほど気にかけることがなく視界にも入りにくい屋根ですが、売却するとなると気にしないというわけにはいかないこともあります。
今回は、屋根が隣に建っている家との境界線を超えてしまっているような状態の家を売却する場合の注意点などについて、詳しく解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却において建物の屋根が越境している原因とは

屋根が隣の家の敷地の上空に越境しているケースはそれほど珍しくなく、とくに古くからある住宅街などではよく見かけます。
屋根が越境している原因には、次のようなことが考えられます。

●現代と異なり昔は境界線をあまり意識せずに家を建てていた
●昔は借地だった物件
●建築したときの境界線に関する認識がお互いに間違っていた


中には両方の建物が越境し合っている物件もあります。
また、建物の一部だけではなく、敷地内に生えている樹木の枝やエアコンの室外機などが越境しているケースもあります。
意識せず普通に生活しているときには問題になることは少ないものですが、その家や土地を売却しようとしたときや建て替えをするときなどに、障害になることがあります。

不動産売却で建物の屋根が越境している場合の対処法

それでは売却しようと思っている所有物件が越境している場合、どのような対処法があるのでしょうか。
まず、売却する前に境界線をはっきりさせておく必要があります。
専門家に依頼して測量をしてもらい、自分が所有する場所がどこからどこまでになるのかを、隣地を所有する人物立ち会いのもと境界を確定させましょう。
このときに「境界確定図」という図面が作成されます。
もともと境界確定図がある場合でも、時代によって測量技術が異なる可能性があるため、売却時には改めて確認しておくほうが安心です。
また、あらかじめ越境状態を解消しておき、買い手の不安感を取り除くことができればスムーズに売却することに役立ちます。
屋根の工事や樹木の剪定など、越境状態には費用や手間がかかるため今すぐに解消することができないこともあります。
その場合は隣の家との間に「覚書」を交わすようにして、越境状態があっても理解してもらっている旨を記載しておくようにしましょう。
この覚書を買い手に引き継ぐことで今後のトラブルを避け、安心感を与えることができます。

まとめ

不動産売却で知っておきたい屋根が越境しているときの原因や対処法についてご紹介しました。
建物の屋根や敷地内の樹木の枝などが隣の家の上空に越境していることは少なくありません。
越境状態にある家を売却する際には、トラブル防止や買手の不安感を取り除くために、隣の家と覚書を交わしておくようにすると売却しやすくなります。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続で海外在住者がいるときの対応は?注意したいポイントを解説   記事一覧   マイホーム売却時に水漏れ?修繕や注意点について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る