昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > マイホーム売却時に水漏れ?修繕や注意点について解説

マイホーム売却時に水漏れ?修繕や注意点について解説

≪ 前へ|不動産売却において屋根が越境している?原因や対処法とは?   記事一覧   不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?|次へ ≫

マイホーム売却時に水漏れ?修繕や注意点について解説

中古のマイホームを売却したら水漏れが発覚した、このようなことが起こってしまう可能性はあるでしょう。
新築物件ならばほぼ起こらないことですが、中古物件だからこそ壊れたり修理が必要になる可能性があります。
もし水漏れしてしまったら修繕はどうすればいいか、注意点は何があるのか解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム売却時に水漏れが発覚したら修繕は必要?

マイホーム売却後に水漏れが起こってしまった場合、売主による修繕が必要になってきます。
売買契約を結ぶ前に売主買主とともに水が漏れていることを認識、納得のうえで契約していれば買主が直さなければなりません。
しかし、多くの場合は水が漏れていれば修理してから売却する流れになるでしょう。
壁紙などの破損とは違い、水が漏れてしまうと他の部屋にも影響してしまう可能性があります。
事前に気付いた場合は早めに修理して、直した状態で売れるようにしましょう。

直す場合も直さない場合も不動産会社へ申告を

水が漏れていると分かったら、できるだけ早く不動産会社へ相談しましょう。
修理して売る、そのまま売るにしても、不動産会社と情報を共有し、購入検討者へ伝えなければなりません。
隠したまま売却し、引き渡し後に水漏れが発覚した場合は売主の過失として修繕費や損害賠償費を請求される可能性があります。
事前に情報共有し、買主が納得して売買契約を結べば費用を請求されることはありません。
売却後のリスクに備えることはもちろん、買主に満足して購入してもらうためにも情報共有は重要です。

マイホーム売却時に水漏れが発覚した際の注意点

「水が漏れてる」と発覚したら修理が必要ですが、この費用は売却費に上乗せされる、もしくは売り主の負担になります。
内覧時に水が漏れていることが発覚すると、マンションであれば該当の部屋の価値はもちろん、物件自体の価値が下がってしまう可能性もあります。
また、壁や床の傷や汚れとは違い、他の部屋にも水が流れてしまう可能性があり、隣や上下階の部屋に影響して訴えられる可能性もあるのです。
少し漏れているだけならば大丈夫と楽観視することなく、できるだけ早く対応しましょう。

まとめ

マイホーム売却時に水漏れが発覚した場合は、まずは不動産会社へ報告、修繕などの対応しましょう。
水が漏れている事実を隠したまま売ってしまうと、告知義務違反として修繕費や損害賠償費を請求されます。
注意点として修理費は売主負担、もしくは物件価格に上乗せされるので覚えておきましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却において屋根が越境している?原因や対処法とは?   記事一覧   不動産売却にかかる費用や確定申告までの流れとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る