昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 傾きが発覚した戸建て住宅を売却することは可能?

傾きが発覚した戸建て住宅を売却することは可能?

≪ 前へ|60代で家を売却!不動産売却を決めた理由と売却する際の注意点とは   記事一覧   不動産売却における心理的瑕疵とは?売却への影響と告知義務について|次へ ≫

傾きが発覚した戸建て住宅を売却することは可能?

戸建て住宅を売却したいと思っても、家の傾きが気になって「傾いた家の売却は可能なの?」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは傾きの度合いをチェックして、どのような方法で売却すればよいのか検討しましょう。
そこで今回は、戸建て住宅を売却する際に考えたい家の傾きについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

戸建て住宅の売却において家の傾きによる価格への影響

家が傾いてしまう原因としては、基礎の沈下・地震・雨漏り・シロアリなどによる被害、さらに老朽化など、さまざまなことが考えられます。
戸建て住宅を売却する際には、住宅に関する状況調査をおこないますが、家の傾きについても調査項目に挙げられており、国土交通省が定めた基準を超える傾きについては、瑕疵責任に問われる可能性が高いと判断されます。
瑕疵についてはよくトラブルが発生しており、売主の責任として賠償請求されるケースもありますよ。
調査では基準以内であっても、壁や床に隙間があったり、ドアの開閉がしにくかったりと、生活に支障が生じているかどうかが重要ですから、調査の数値を参考に、実際の傾きの度合いを知ることが大切です。
価格への影響については、傾きの度合いにもよりますが、買主が購入後の修繕にかかる工事費用は値引きされるでしょう。
たとえば、基礎の沈下を修繕する場合、一般的に300万円ほどかかります。
状態や広さによっては、500万円ほど値引きされるケースもありますよ。

戸建て住宅を売却する際におこなう傾きの調べ方

では具体的な調べ方についてお伝えしますね。

●水平器を使う
●スマートフォンのアプリを使う
●専門家に依頼する


ホームセンターで購入できる「水平器」やアプリを使って、角度や傾斜を調べられます。
しかしこのような調べ方は正確性に欠けるため、住宅診断をおこなう専門家に依頼することをおすすめします。
費用は5万円から6万円が相場ですが、調べておくと安心ですよ。

傾きが発覚した戸建て住宅を売却する方法とは

先程もお伝えしたように、価格を下げて売り出せば、中古住宅を探している方が、修繕を前提に購入を希望するかもしれません。
また売主側で修繕してから売りに出すのも方法の一つです。
その場合、工務店などと自分で交渉できますし、売れやすいでしょう。
傾きだけでなく、ほかの部分にも問題がある場合は、建物を壊して更地にしてからの売却を検討してもよいかもしれませんね。

まとめ

戸建て住宅の売却において、傾きによる価格への影響や、度合いの調べ方、さらに売却方法を解説しました。
どの方法で売却するのがよいかは、自分では判断しにくいですから、不動産会社や専門家に相談することをおすすめします。
弊社は不動産に関するお悩みやご質問に、真摯に対応いたします。
戸建て住宅の売却を検討している方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|60代で家を売却!不動産売却を決めた理由と売却する際の注意点とは   記事一覧   不動産売却における心理的瑕疵とは?売却への影響と告知義務について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る