昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却時のリースバックとは?メリットとデメリットもチェック!

不動産売却時のリースバックとは?メリットとデメリットもチェック!

≪ 前へ|不動産売却における心理的瑕疵とは?売却への影響と告知義務について   記事一覧   不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!|次へ ≫

不動産売却時のリースバックとは?メリットとデメリットもチェック!

マイホームを手に入れたものの、住宅ローンの返済が大変ということはよくあります。
そこで役に立つのが、不動産の売却における「リースバック」。
リースバックとは何なのか、メリットとデメリットも合わせて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「リースバック」とは何か?

リースバックとは、自宅を活用した資金調達法の一種です。
住居としていた家を売ったあと、不動産の買主から物件を賃貸するという売却スタイルとなります。
リースバックは、セール・アンド・リースバックの略。
通常なら売却したあとの不動産は買主が住居としたり人に貸したりするわけですが、貸す相手を元の持ち主にするのがリースバックです。
もっと住んでいたかったのに家を売らなければならなくなった人にとって、リースバックは救世主のような売却方法といえます。
買主にとっても、すぐに住む必要さえなければ賃貸収入を得られるのですからお得な話です。
リースバックには、一度売却した不動産を買い戻す権利が付いた方式もあります。
条件があるとはいえ、買主が誰かに物件を転売するリスクもなくなり安心です。

不動産売却時に「リースバック」を利用するメリットとは?

リースバックを利用すれば、「不動産を売却したのに売った家にそのまま住み続ける」ことができます。
慌てて退去する必要もないうえ、住み慣れた我が家だった家に住み続けることができ、引っ越し先を探す手間も費用も不要です。
通勤や通学に影響が出る心配もありません。
さらにうれしいのは、不動産を所有しているときにかかっていた固定資産税などを支払わなくて済む点です。
同じ家に住み続けているのに税金の支払いが軽くなり、しかも家の修繕費なども必要なくなります。
こうした費用は買主が負担することになり、元の所有者は買主に賃料さえ払えばよいのです。
リースバックでは、仲介を利用した売却をするより短期間で売却金が手に入りやすくなります。
不動産会社やファイナンス会社などに買い取ってもらうケースが多いため、買い手が見つかるまでに何か月もかかるリスクを免れることができます。
買い戻し特約を付けておけば、売却後に再び物件を買い戻すことも可能です。

不動産売却時に「リースバック」を利用するデメリットとは?

リースバックのデメリットの1つが、「相場より低い価格での売却になる可能性が高い」ことです。
不動産の所有者は自分ではなくなるため、新しい所有者の決めたルールに従って賃貸する必要も出てきます。
住宅ローンの残債より物件の売却価格が下回っている場合は、リースバックを利用できないのもデメリットです。

まとめ

今までの家に住み続けたい、しかし住宅ローンの支払いは厳しいという場合などに便利なリースバック。
ただし、メリットがある一方でデメリットもあります。
双方を踏まえたうえで、最善の選択ができるよう検討しましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却における心理的瑕疵とは?売却への影響と告知義務について   記事一覧   不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る