昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!

不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!

≪ 前へ|不動産売却時のリースバックとは?メリットとデメリットもチェック!   記事一覧   遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや売却する際の注意点|次へ ≫

不動産を売却する前にリフォームは必要?必要性やメリットデメリットについて!

不動産を売却する前に、リフォームをするべきかどうか悩む方は多いのではないでしょうか。
きれいに見せたほうが売却しやすいイメージはあるかと思いますが、費用のことも考えると本当にスムーズな売却につながるのか気になるところです。
今回は売却時のリフォームは必要なのか、する場合のメリットデメリット、また費用について詳しくご紹介しますので、売却をお考えの方はぜひ参考にしてみてください!

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却する際にリフォームは必要?不要な場合もある?

売却の際、物件をきれいに見せるためにリフォームを考える人は多いかもしれません。
確かにリフォーム済みのきれいな物件のほうが多くの人に好まれそうな気がしますが、リフォームをすることによってデメリットも出てきます。
まずは、リフォームが不要な理由を、詳しく見てみましょう。

リフォーム費用を売却費に上乗せできない

リフォームをするには、数百万単位の費用が必要です。
しかし、中古物件の場合、室内がきれいかどうかよりも築年数を重要視する買主も多くいます。
もし、数百万円かけてリフォームしても、価格の安い築浅物件が選ばれる可能性があります。
そのため、リフォーム費用より高い価格、また相場よりも高く売却しなければリフォームをした意味がなくなってしまうのです。

買主が購入後に自身でリフォームをしたいと考えているケース

買主が購入後に自身でリフォームをしたい場合は、なるべく安い価格で物件を手に入れたいと考えています。
リフォーム後の物件だと、価格が高いうえに自分好みの部屋は手に入らないため、リフォームされた物件は選ばれないのです。

不動産を売却する前にリフォームをするメリットとデメリット

メリット


●見栄えがよくなるため、購入後そのまますぐ入居したいと考えている人には印象がいい
●設備が古かったり壊れていたりすると値引き交渉の対象となるが、設備が新しいことで値引きが最小限に抑えられる

デメリット


●リフォーム費用を売却費に上乗せして売却すると、価格が高くなり買い手が付きにくくなるため、費用の上乗せがしづらい
●リフォームに時間をかけている間に、売却チャンスを逃してしまう可能性がある

不動産を売却する前にリフォームする場合の費用相場は?


●キッチン:50万~150万円
●トイレ:10万~50万円
●洗面所:20万~50万円
●浴室:50万~100万円


リフォームにかかる費用と、売却費用を照らし合わせながら、どちらのほうが効果的かを考える必要があります。

まとめ

売却前のリフォームには、メリットとデメリットがそれぞれあります。
せっかくお金をかけてリフォームをしても、買主のニーズに合っていなければ売れ残ってしまったり、価格を下げたりすることになるので、慎重な判断が必要です。
リフォームをしたほうがいいか悩んでいる方は、一度不動産会社などに相談してみることをおすすめします。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時のリースバックとは?メリットとデメリットもチェック!   記事一覧   遠方の不動産を売却する方法とは?手続きの流れや売却する際の注意点|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る