昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産を売却したらすぐ火災保険は解約するべき?解約のタイミングとは

不動産を売却したらすぐ火災保険は解約するべき?解約のタイミングとは

≪ 前へ|不動産の相続を放棄をすることで得られるメリットとは!注意点まで解説   記事一覧   不動産売却に関わる減価償却!減価償却が必要な理由や対象となる不動産とは|次へ ≫

不動産を売却したらすぐ火災保険は解約するべき?解約のタイミングとは

不動産を所有している方の多くが火災保険に加入していると思われますが、不動産を売却するときにはどのタイミングで火災保険を解約するべきなのかご存じでしょうか?
何年か分の保険料をまとめて支払っている場合、掛け損になってしまうのではと不安に感じる方もいるようです。
そこで今回は、不動産売却時の火災保険の解約のタイミングや、火災保険料の返還についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に火災保険は解約するもの!解約する理由とは

火災保険は、建物が火災で被害を受けたら補償を受けられる保険というイメージがありますが、水害や落雷、水漏れでの損害の補償もしてくれます。
そのため、不動産を所有しているほとんどの方が、火災保険に加入しているでしょう。
火災保険に加入している不動産を売却するときは火災保険を解約して、買主が新たな所有者として火災保険に加入します。
火災保険の名義変更をするという方法はできないのかと、疑問に思う方がいるかもしれません。
不動産売買の場合、家族ではない第三者の買主に火災保険の引き継ぎはできないのです。

不動産を売却したときに火災保険を解約したら保険料は返還してもらえる?

火災保険は一括で支払ったほうがお得なので、何年か分をまとめて一括で支払っている不動産所有者もいます。
5年契約をして5年分の保険料を一括で支払ったあと、2年で売却してしまったら3年分の保険料は返還されるのでしょうか?
結論からいうと、返還されるかどうかは保険会社や商品によって異なります。
多くの火災保険で費用が返還されますが、上記例のケースで3年分が全額返ってくることはありません。
保険会社の事務手数料などを差し引かれた金額が、返還されることになります。

どのタイミングで売却する不動産の火災保険を解約するべき?

不動産の売却が決まったら、保険料を少しでも多く返還してもらうために、早く解約したほうがお得だと思いがち。
しかし、売却する不動産の火災保険を解約するベストなタイミングは、不動産引き渡し後だと考えられています。
契約が締結すれば、不動産は新たな所有者のものです。
新たな所有者は火災保険に加入することになりますが、契約を締結してすぐに火災保険に加入できるとは限りません。
さまざまな審査があるため、一般的に火災保険の申し込みをした翌月から保険が適用されるといわれています。
その間に不動産に何かあった場合、元所有者である売主に建物の修繕を求められるケースがあるのです。
そのため、新たな所有者の火災保険が適用されたあと、または引き渡し後に火災保険を解約するとよいでしょう。

まとめ

不動産を売却するときは、火災保険を解約します。
解約の手続きは、不動産の引き渡し後が目安ですが、売却が確定した時点で保険会社に解約したいと伝え、保険料返還の手続きを始めるのもよいでしょう。
また、ベストな解約時期を保険会社に相談するのもおすすめです。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続を放棄をすることで得られるメリットとは!注意点まで解説   記事一覧   不動産売却に関わる減価償却!減価償却が必要な理由や対象となる不動産とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る