昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 土地を売却するときに知っておきたい路線価とは?査定額との関係は?

土地を売却するときに知っておきたい路線価とは?査定額との関係は?

≪ 前へ|不動産売却に関わる減価償却!減価償却が必要な理由や対象となる不動産とは   記事一覧   1位はやはり住み替え?不動産を売却する理由で多いのは?|次へ ≫

土地を売却するときに知っておきたい路線価とは?査定額との関係は?

土地などの不動産を売却する際はどのくらいで売れそうなのかを知るために、まずは査定に出すところから始めます。
では、不動産の査定で耳にすることの多い路線価という言葉の意味についてご存知でしょうか。
今回は「土地売却における路線価とは」をテーマに、路線価と実勢価格、査定額の関係についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地などの不動産売却の査定でよく聞く路線価とは?

路線価(相続路線価)とは税務署が公表している土地の価格のことで、毎年7月1日に更新されます。
土地の価値を公的に定めたものであり、不動産会社が机上査定をする際にも参考にされます。
路線価は簡単に調べることができ、多くのエリアをカバーしているため参考にされることが多いです。
路線価は公示価格とも連動しており、公示価格の8割が路線価となっています。
路線価は相続税や贈与税以外にも固定資産税を算出する際にも使用され、こちらは固定資産税路線価と呼ばれます。

土地売却の実勢価格とは?路線価との違いとは?

実勢価格とは実際に売買する際に取引される価格のことで、公的な価格ではなく当事者同士で決めるものです。
一般的には路線価は実勢価格に0.8をかけて計算できるとされていますが、大きくかけ離れていることもあります。
それは実際の売以価格はさまざまな要因が関係しているためで、ケースバイケースであるからです。
たとえば売主が売却を急いでいる場合は相場より安くなりやすいですし、反対に人気の高い物件で多くの希望者が現れたら相場よりも高い実勢価格になるでしょう。
しかしあまりにも路線価からかけ離れていると、みなし贈与と判断され課税されることもあります。
贈与税を回避するために、親族などに路線価からかけ離れた金額で売却するのは注意が必要です。

査定額の目安になる!土地売却の査定と路線価の関係は?

先ほども少し触れたように、不動産会社が土地を査定する際に路線価を参考にします。
データを元に算出する机上査定では、路線価を基準として土地の立地や形状から土地価格を計算します。
角地などの二つの道路に面している土地の場合は少し複雑になり、2路線のそれぞれの価格から計算します。
路線価は土地の査定には欠かせないものですが、実際の売買価格とは異なることを覚えておきましょう。
路線価は、あくまでも土地の売却における売買価格を知るための目安の一つとして考えます。

まとめ

今回は「土地売却における路線価とは」をテーマに、路線価と実勢価格、査定額の関係についてご紹介しました。
路線価は、売却する土地がどのくらいの価格で売れそうなのかを知るために必要になる公的な土地価格です。
実際の取引価格とはイコールではありませんが、査定額が適正かどうかを知るためにも路線価を把握しておくと安心です。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却に関わる減価償却!減価償却が必要な理由や対象となる不動産とは   記事一覧   1位はやはり住み替え?不動産を売却する理由で多いのは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る