昭栄不動産商事松山店TOP > 株式会社昭栄不動産商事 松山店のブログ記事一覧 > 不動産売却を取り引きの途中でキャンセルすることは可能?

不動産売却を取り引きの途中でキャンセルすることは可能?

≪ 前へ|不動産の相続人のなかに認知症の人がいたらどう対応するの?   記事一覧   相続財産に空き家状態の不動産があったらどうする?リスクや解決策は?|次へ ≫

不動産売却を取り引きの途中でキャンセルすることは可能?

大きな金額が動くことになる不動産の売買。
時には、やむを得ない事情などで取り引きのキャンセルを検討することもあるかと思います。
今回は、不動産売却におけるキャンセルのタイミングやキャンセルする際の注意点、違約金などについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却において取り引き中のキャンセルはできる?

土地や家を売却する不動産売買は、売主と買主の合意によって成り立つ取り引き。
そのため、売主と買主のどちらかがキャンセルを希望する場合は、基本的に取り引きを中止することができます。
しかし、取り引きを中止するタイミングによっては売買代金の一部の支払いや違約金の支払いなどが発生する可能性もあるため、慎重にタイミングを図る必要があります。
一番リスクが少ないタイミングは、やはり売買契約を結ぶ前。
また、不動産会社との媒介契約によっては、広告費の請求などが発生する可能性がありますので、専任媒介契約と専属専任媒介契約などの期限がある契約を結んでいる場合は、自動的に契約解除となるタイミングを見計らっての解約がおすすめです。

不動産の売却をキャンセルすることで違約金は発生する?

違約金の発生の有無は、特約の内容や取り引きをキャンセルするタイミングなどでも異なってきます。
たとえば、訪問査定のあとのキャンセル、一般媒介契約の途中解約、購入申し込みを受けたときのキャンセル、売買契約を結ぶ前のキャンセル、売買契約後の契約の履行の前のキャンセルは、原則的には違約金が発生する心配のないキャンセルとなります。
なお、違約金が発生する場合は、成約価格の10%ほどが相場となっています。
また、手付金の支払いを受けた後は手付金の倍額を支払うかたちでキャンセルが可能になったり、売買契約後のキャンセルは買主から損害賠償を請求されるリスクが増えたりということもありますので、覚えておきましょう。

不動産の売却を途中でキャンセルする場合の注意点とは?

不動産の売買は、売主と買主だけではなく、不動産仲介会社や住宅ローンを扱う金融機関なども関わってくる大掛かりな取り引き。
はじめから取り引きをキャンセルすることにならないよう、きちんと納得したうえで、計画的な売却を進めるのが鉄則です。
やむを得ない事情でどうしてもキャンセルしなければならない場合は、包み隠さずに不動産仲介会社に事情を伝え、ベストとなる対処方法を模索しましょう。

まとめ

不動産売却のキャンセルは、タイミング次第では違約金なしでのキャンセルが可能ではあります。
しかし、トラブルを防ぐためにも不動産売却はキャンセルすることのないようにしっかりと計画的におこなうことが大切。
事前によく考えたうえで、行動に移すようにしましょう。
私たち株式会社昭栄不動産商事 松山店は、豊富な経験と知識でお客様のニーズにしっかりお応えいたします。
不動産に関することは、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続人のなかに認知症の人がいたらどう対応するの?   記事一覧   相続財産に空き家状態の不動産があったらどうする?リスクや解決策は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る